原子力関連

熱分析及び熱物性測定は、原子力の分野で幅広く利用されています。 熱物性の正確な値付け知識は、原子炉材料の応用には必要不可欠です。 NETZSCH は、理想的に最適化された測定装置を幅広く展開し、 グローブボックスやホットセル内への据え付けにも経験豊富です。

DSC 404 F1 Pegasus® – 高温 DSC

新しい高温示差走査熱量計 DSC 404 F1 Pegasus®は、広い温度範囲で、信頼性の高い、最高の分解能と精度で 比熱や熱量分析が可能です。 高真空タイト構造の多種の加熱炉やセンサーは、簡単に交換可能ですので DSC 404 F1 Pegasus®は、大学や各産業分野で、最高レベルのDSC測定を実現します。

STA 449 F1 Jupiter®

新しい STA 449 F1 Jupiter®の発表によって、 NETZSCH (ネッチ) は新しい規格を設定しています。 制限のない多様な装置構成と比類のない性能は、広い測定温度範囲(-150...2400°C)にわたり、セラミックス、金属、プラスチックスや複合材の分野で、新しい多様な測定の地平を広げる基礎となります。

DSC 404 F3 Pegasus® – 高温 DSC

新しい高温示差走査熱量計 DSC 404 F3 Pegasus® は、品質管理や材料開発のすべてのDSC、DTA測定に 幅広く対応します。 加熱炉とDSC/DTAセンサーは、広い温度範囲 (-150...2000°C)に対応できます。 コストパーフォーマンスに優れ、高い拡張機能は、幅広い測定を可能にします。

STA 449 F3 Jupiter®

新しい STA 449 F3 Jupiter® は、高感度熱天秤と示差走査熱量計を結合させました。多種の加熱炉と TG、TGA-DTA、及び TGA-DSCセンサーが使用できますので、ほとんどの多様な測定に システムを簡単に適合させることができます。

TMA 402 F1/F3 Hyperion® - 熱機械分析装置

TMA 402 F1/F3 Hyperion®は、切り替え可能な加熱炉によって -150°C ~1550°Cの測定温度範囲をカバーして いますので、他の NETZSCH分析装置と適合性を持っています。豊富な試料ホルダータイプと調整機能が使えます。 新しいTMA 402 F1/F3 Hyperion® は、追加荷重無しに、ディジタルプログラム可能な-3 N ~3 Nの広い負荷範囲で測定することができます。

LFA 457 MicroFlash® -レーザーフラッシュアナライザー

LFA 457 MicroFlash® は、熱拡散率と熱伝導率の二つの熱物性を-125°C ~ 1100°Cの温度範囲で解析する 最もモダンな製品です。コンパクトなデザイン、真空密閉構造、自動サンプルチェンジャーそして機能的ソフトウエアーは、効率的で チャレンジングな材料分析をお約束します。 

LFA 427 - レーザーフラッシュアナライザー / 赤外線放射温度計タイプ ~2800°C

LFA 427 の優れた特質は、-120°C ~ 2800°C の測定範囲で、高精度で再現性が高く、測定時間が短く、色々な試料ホルダーが使え、雰囲気を精密に調整できることにあります。LFA 427 は、研究開発用の最強の LFA システムです。

DIL 402 Expedis Select & Supreme

新しい熱膨張計DIL 402 Expedis Select 及びSupreme は、最先端の熱膨張計技術を提供し、広範囲かつ高度なアプリケーションに対応します。DIL Expedisシリーズと同様に、Classicバージョンは新技術NanoEye 測定セルに特徴が有ります。