建築材料

熱分析や熱物性解析は、建築材料の総合的特性解析を可能にします。組成、重量損失(例えば、バインダーのバーンアウトによる)、熱膨張、焼結、軟化点や熱伝導率に関する知見は、新材料の開発には極めて重要で、最終製品がそれらに課せられる要求に合致できることを保証する助けとなります。

同時熱分析(STA) は、改質ガラスのガラス転移温度、石膏やモルタルの相転移或いは熱分解挙動のような問題の解析に理想的な装置で、発生ガス分析(EGA) 用の装置にも接続することができます。

製造中或いは使用中の建築材料の膨張及び収縮挙動は、熱膨張測定によって解析することができます。

LFA, HFM やTCT は、小型及び大型試料の熱拡散率や熱伝導率を正確に解析する多目的の測定法です。

耐火材は、この材料グループ用に特別に設計された試験装置シリーズによって解析することができます。このシリーズは、荷重下の耐火性試験(RUL)や圧縮下のクリープ試験(CIC)装置、熱間破壊弾性率試験装置(HMOR)、熱伝導率テスター(TCT)及び高温コーン等価法装置(PCE 428)によって構成されています。

Glass Wool — Phase Transitions
Roof Tiles — Thermal Expansion
Mineral Fiber Insulation — Thermal Conductivity
Fired Tiles — Thermal Expansion
Brick Clay — Thermal Expansion
Expanded Polystyrene — Thermal Conductivity
Gypsum and Quartz Sand — Phase Transitions
Fireclay Brick — Creep In Compression (CIC)
PUR Foam Measurements
Dolomite — Thermal Decomposition
Fireclay Brick — Refractoriness Under Load (RUL)
Aerogel — Thermal Conductivity