有機材料

測定例として、医薬品原料および助剤の融解や結晶化、糖含有材のガラス転移、潤滑剤の酸化、塗料および接着剤の硬化などが挙げられます。

熱分析装置は有機材料において様々な評価が行え、示差走査熱量計(DSC)で は医薬品原料の結晶多形、純度、融解挙動や脂質酸化を評価。接着剤や塗料の 硬化反応。熱天秤(TGA)ではタンパク質の変性、蒸気圧、塗料の溶媒容量評 価。熱機械分析装置(TMA)、動的粘弾性測定装置(DMA)は熱膨張率、粘性流 体、ペースト、粉末の貫通挙動や粘度評価行えます。その他、誘電硬化モニター (DEA)では、処理過程おける流動性測定、熱拡散・熱伝導率測定装置(LFA)で は熱拡散率や熱伝導率を測定できます。

Ribavirin — Detection of the melting range
OEL層の昇華
Alumina — Specific Heat Determination
ソルビトール(Sorbitol)— ガラス転移
Straw — Evolved Gas Analysis (STA-FT-IR)
Aluminum Titanate — 焼結
Pitch Carbon Powder — Evolved Gas Analysis (QMS)
Oak Wood — Evolved Gas Analysis (GC-MS)
Lead Chloride — Evolved Gas Analysis (QMS)
Stabilized Synthetic Oil — Oxidation Behavior
DTBP — Thermal Runaway