金属 / 合金

比熱容量、熱膨張係数、融解温度、凝固温度やエンタルピー或いは熱的反応の特性(腐食性条件下においても)は、金属アプリケーションにおいて高い興味を持たれる分野です。

融解、結晶化、相転移や比熱容量は、DSCSTA (同時熱分析)で測定される金属や合金の重要な化学特性です。これらの他に、腐食の影響、酸化や還元、磁性転移や材料の熱安定性も分析することができます。

熱膨張計 によって、熱膨張係数が正確に測定することができます; DMA は、実際に構成要素に関係する弾性率や減衰率を解析します。

LFA によって、熱拡散率や熱伝導率(溶融金属でも)を解析することができます。

金属合金 — 融解ピーク
高熱伝導率純銅薄板
Aluminum Alloy — Melting & Solidification
パラジウムの融点解析
Steel Material — Phase Transitions
PbTeのゼ―ベック係数と電気伝導率
Iron — Thermal Expansion