製品案内

多種多様の熱分析装置からお選びください。
NETZSCH(ネッチ)は、一貫して長年にわたる経験を 革新的新開発や先端技術に注ぎ込み、材料の研究開発、品質管理や プロセス最適化の最先端応用タスクに役立つことを心がけてきました。

当社の製品、サービスはお客様の利益となる技術的リーダーシップ、専門性や信頼できる品質を具体化します。

NETZSCH(ネッチ)製品についてさらにお知り頂くには   総合カタログ や 製品概要をご覧ください

 総合カタログ 製品概要

 

 

示差走査熱量計 (DSC) / 示差熱分析装置 (DTA)

DSC (示差走査熱量計)及びDTA (示差熱分析装置)は、試料及び参照への熱流を温度あるいは時間の関数として測定 することにより、固体や液体の転移温度や熱量を定量的に解析します。

熱機械分析 (TMA)

プログラムされた温度変化と無視できる試料負荷条件下における固体、融体、粉体およびペーストの正確な寸法変化の測定には、熱機械分析装置 (TMA)が最適です。
寸法変化の測定には、調整可能な試料負荷を加えて実行することもできます。

誘電分析装置(DEA)

誘電分析装置 (DEA)は、ポリマーや架橋ポリマーにセンサー電極を介して交流電圧の刺激を与え、双極配向性や
イオン運動性の変化を測定します。
DEA法は適切なセンサー技術により、オンラインのプロセス(例:ポリマー硬化モニター)にも利用することが
できます。

耐火材試験(RUL/CIC, HMOR)

耐火材負荷試験 (RUL)及び圧縮クリープ試験 (CIC) は、負荷下における試料体の変形耐性を温度及び時間の関数と して解析します。曲げ強度 (HMOR – 熱間破壊試験)は、熱間曲げ強度テスターで解析します。

同時熱重量測定 – 示差走査熱量測定 (STA/TG-DSC)

STAは、同一試料に対し二つ以上の測定手法の同時測定を表示します。
伝統的な同時測定手法は、熱重量測定と DSCあるいは DTAの組み合わせです.

動的熱機械特性測定 (DMA) / 粘弾性測定装置 (DMTA)

動的熱機械特性測定 (DMA) / 粘弾性測定装置 (DMTA)は、試料に振動負荷をかけることにより 粘弾性特性を解析します。

ゼーベック係数/電気伝導率同時測定

有益な熱電材料の開発において、熱物性の正確な知見は非常に重要です。熱電材料の相対的な性能や効率は、性能指数(ZT)で表わされます。NETZSCHは、同一条件下でのゼ―ベック係数と電気伝導率の同時測定を可能にするソリューションを提供します。

熱拡散率 / 熱伝導率(LFA, GHP, HFM)
熱重量測定 / 熱重量測定装置 (TGA/TG)

熱重量測定/熱重量測定装置 (TGA/TG) は、特定の温度プログラム及び特定の雰囲気下における試料の重量変化を温度あるいは時間軸にそって解析します。熱天秤とも呼ばれます。

マルチモード熱量測定 (MMC)

DSCのように、マルチモード熱量計(MMC)は、化学反応、相転移や比熱を測定しますが試料はグラムオーダーです。 NETZSCH(ネッチ)開発チームは、民間の研究開発部門、大学、リサーチセンターや色々な企業の品質管理部門でお使い
いただける、まったく新しい熱量計を開発いたしました。

ソフトウエアー

Proteus® ソフトウエアーには、すべての NETZSCH (ネッチ) 分析装置の測定実行ソフトウエアーと解りやすい測定データの評価解析及び外部データのインポートソフトウエアーが含まれています。
さらに、 Thermokineticsのような、独自の最先端ソフトウエアー(Advanced Software)もご用意しています。

Thermal Transmission

One of the most important parameters in building construction, both during the planning phase and in the development of energy-efficient restoration plans for old buildings, is the U-value (thermal transmittance) of the building materials used.

熱膨張測定 (DIL)

固体の正確な寸法変化の測定には、熱膨張計(DIL)が最適です。

断熱型暴走反応熱量計(ARC)

断熱熱量計は企業が安全で効率よく操業できる手助けとなるものです。多目的のミニチュア化学反応器として、
発熱化学反応の熱、圧力特性を測定します。得られる情報は、技術者や研究者に、緊急放出システム、汚水処理、
プロセス最適化や熱安定性等の潜在障害の特定や プロセスの安全設計に欠かせない情報を与えます。

発生ガス分析(EGA) – QMS, FT-IR, GC-MS, SKIMMER®

質量分析や赤外線スペクトルメーター (EGA:発生ガス分析の手法)は、温度プログラム中の試料からの発生ガスを 検出し同定します。熱分析装置と QMS, GC-MS 及び FT-IR との完全な接続システムを提案します。