レオメーター

レオメーターを使用して、材料のレオロジー特性を測定

レオメトリーは、材料のレオロジー特性の測定に使用する装置です。レオロジーは、物質の流動と変形の研究として定義され、力、変形、時間の相互関係を説明します。  

 

限られた範囲の条件でしか液体の粘度を測定することができない粘度計とは異なり、レオメーターでは幅広い条件下で非ニュートン性材料の粘度と弾性を測定できます。 レオメーターを使用して測定できる重要な特性には、粘弾性、降伏応力、チキソトロピー、伸張粘度、クリープコンプライアンス、応力緩和の挙動が含まれ、ダイスウェルやメルトフラクチャなどのプロセスに関連するパラメータも含まれます。

 

Rheometer principle

仕組み

高圧下で、サンプルは、決まった寸法のバレルまたはダイから高圧で押し出されます。 バレルまたはダイにわたる圧力降下を測定すると、液体の圧力と流速のデータを得られ、そこから粘度を計算できます。 温度とせん断速度を厳密に制御して、目的の成形環境をシミュレートできます。

用途

高分子業界を起源とするキャピラリーレオメーターは、高い粒子充填量で比較的大きい粒子を含む懸濁液やスラリーの粘度プロファイルの測定に有用です。 業界の例として、ポリマーメルト、セラミックスラリー、食品、インク、およびコーティングが挙げられます。 キャピラリーレオメーターでは非常に高い力を加えることができ、回転式レオメーターで可能なものよりも非常に高いせん断速度で挙動を調べることができます。 高いせん断速度のパフォーマンスは、押出やスプレーなど、多くの産業プロセスに適しています。 用途によっては、キャピラリーレオメーターで必要となるサンプル量、すなわちフローカーブの生成には約1リットルが必要で、それが制限となります。

レオメーター

Kinexus DSR

Kinexus DSR - A diverse analytical research solution for laboratory testing.

Kinexus DSR-III

Kinexus DSR-III - Complete package for routine QA/QC paving analysis

Kinexus ultra+

Kinexus ultra+ - Highest specification rheometer bearing system

Kinexus DSR+

Kinexus DSR+ - The world’s most sensitive DSR for all construction and petro chemicals testing

Kinexus lab+

Kinexus lab+ - Rotational rheometer for routine and Quality Control testing

Rosand RH2000

Rosand RH2000 - Bench top capillary rheometer for research to QC testing.

Kinexus DSR-E

Kinexus DSR-E - Simple solution for basic research and testing, ideal for the roofing industry

Kinexus pro+

Kinexus pro+ - Research grade rheometer for complex fluids characterization

Rosand RH7/10

Rosand RH7/10 - Robust research capillary rheometers for high force conditions.