GHP 456 Titan®

GHP 456 Titan®

断熱材の熱伝導率測定のための、革新的な保護熱板法(GHP法)熱伝導率測定装置

NETZSCH社の新製品GHP 456 Titan® は、断熱材の試験に携わる研究者や技術者のための理想的なツールです。本装置は、保護熱板法(GHP法)に関する工業規格(ISO 8302, DIN/EN 12667, DIN/EN 12939, DIN/EN 13163)に準拠しており、測定温度範囲は極めて広く、しかも卓越した性能を誇ります。

最高の品質基準と最先端の技術を結集して、NETZSCHは、高い信頼性と広い温度範囲で最高の精度を誇る、頑丈で操作が容易な装置を開発しました。

NETZSCH GHP 456 Titan®は、保護熱板法(GHP法)熱伝導率測定装置の新しいベンチマークとなるシステムです。


関連リンク:

熱伝導率の定義
熱拡散率の定義


技術仕様

技術仕様

(変更する場合があります)

  • 測定温度範囲:
    -160~250°C
  • 熱伝導率測定範囲:
    0~2 W/(m*K)
  • 雰囲気:
    不活性、酸化性、真空(真空度調整オプション)
  • 精度:
    ±2%以下
  • 試料厚さ:
    最大100 mm
  • 熱板寸法:
    300 mm (標準バージョン)
  • 真空タイト構造
    (5x10-4 mbarまで)
  • 冷却装置(強制空気冷却:
    • 最低40°C
    • 冷凍機付き循環水冷却: 最低 25°C
    • 液体窒素冷却システム: 最低 -160°C
  • ISO 8302, DIN/EN 12667, DIN/EN 12939, DIN/EN 13163等に準拠してます。

ソフトウェア

ソフトウェア

The GHP 456 Titan®は、Windows®7上の32+64ビットソフトウェアにより動作します。
このソフトウェアは、操作が容易で、複雑な制御と解析アルゴリズムを実行します。マルチウインドウで、装置全体の状態を迅速に把握することができます。

GHPソフトウェアの特徴:

  • 完全デジタル制御システム(加熱板、ガードリング、上部・下部冷却熱板および外周加熱炉への自動コマンド)
    測定温度、雰囲気や試料熱抵抗に調整は必要ありません。
  • 平衡パラメーターは常時調整可能
  • 測定結果は、グラフまたは表でプリント出力可能
  • ASCII出力

アクセサリ

アクセサリ

  • GHP 456 Titan®には、様々なタイプの真空排気システム(油回転ポンプ、ターボ分子ポンプ等)を使用することができます。排気システムは、適切な追加ポンプを既設ポンプに接続することにより、拡張することも簡単にできます。
  • 標準試料: 様々タイプの認証を受けた(NIST、NPL)標準試料(ファイバー断熱材、発泡断熱材)が供給可能です。
  • ヒートシンクの冷却: ヒートシンクは強制空気(試料温度は40°C 以上)、チラーユニット(試料温度は0°C 以上)あるいは液体窒素で冷却可能です。 液体窒素は、ソフトウェア制御の供給システムによって供給されます。
  • 粉体やフレーク状試料の測定には、熱板形状にフィットする特殊なケイ酸カルシウム製フレームが使用可能です。

文献

文献

カタログ

カタログ

応用例資料: "Material Characterization, Phase Changes, Thermal Conductivity", 24 pages (英語)

カタログ

Product brochure: Thermal Conductivity; Methods, Technique, Applications, 12 pages

ホワイトペーパー

ディジタルメディア

ディジタルメディア

ウェブキャスト

NETZSCH-WebinarCommonly Used Method for Thermal Conductivity Determination

他の関連製品を見る:

HFM 446 Lambda Series

The new HFM 446 Lambda Series features a standardized method for the measurement of thermal conductivity which is equally applicable in research and development and in quality assurance.