熱機械分析 (TMA)

多くの材料は、加熱や冷却中に熱機械特性を変化させます。例えば、熱膨張に加え、相転移や焼結過程、軟化などが 起こります。 TMA分析は、色々な材料の組成や構造、製造条件や応用可能性に関する有用な知見を提供します。熱機械分析装置は、品質管理から研究開発まで幅広い範囲で使用されています。プラスチック、エラストマー、塗料や染料、複合材料、接着剤、フィルムやファイバー、セラミックス、ガラス、金属にはよく使われています。

熱機械分析装置 (TMA) は、設定された負荷下における固体、液体、ペースト試料の寸法変化を温度あるいは時間の 関数として測定します。 (DIN 51 005, ASTM E831, ASTM D696, ASTM D3386, ISO 11359 – Parts 1 to 3). 無視できる負荷下における試料の寸法変化を測定する熱膨張計と近い関係にあります。(e.g. DIN 51 045) (縦型熱膨張計).

TMA 402 F1/F3 Hyperion® - 熱機械分析装置

TMA 402 F1/F3 Hyperion®は、切り替え可能な加熱炉によって -150°C ~1550°Cの測定温度範囲をカバーして いますので、他の NETZSCH分析装置と適合性を持っています。豊富な試料ホルダータイプと調整機能が使えます。 新しいTMA 402 F1/F3 Hyperion® は、追加荷重無しに、ディジタルプログラム可能な-3 N ~3 Nの広い負荷範囲で測定することができます。