TMA 402 F1/F3 Hyperion®

TMA 402 F1/F3 Hyperion®

熱機械分析装置 - 縦型熱膨張計

高精度の差動トランス (LVDT)が、TMA 402 Hyperion® の技術の核心です。
この技術は、定評あるNETZSCH社の熱膨張計に、長年にわたって使われてきた実績に裏付けられています。ナノメーターレンジ(デジタル分解能0.125 nm)に至る寸法変化を測定することが可能です。

荷重と変形信号の同時測定

TMA 402 Hyperion®の試料への荷重は、電磁気的に 発生されます。これにより、クリープ挙動試験の様な荷重を変化させる場合の瞬時の応答が可能になります。 高感度荷重センサー(デジタル分解能 0.01 mN以下) が、プッシュロッドを介して連続的に荷重を計測し、自動的に再調整します。TMA 402 Hyperion® は、荷重のプリセット値のみを使う他の装置より、性能がはるかに優れています。

Benefits for you

  • Modular Concept with interchangeable furnaces (compatible with other NETZSCH instruments) for easy and cost-effective expansion and retrofitting
  • Gas flows with up to 4 MFCs, controllable via software with programmable atmosphere change for the analysis of e.g. oxidation behavior without manual valve operation
  • Digitally programmable force or displacement control up to 4 N (only for F1, 3 N for F3)  with linear or stepwise force alteration and continuous force modulation for determining visco-elastic properties like relaxation, creep and stress/strain
  • Various accessories for an expanded application range, e.g., for measuring powders, liquids, pastes or metals

Determination of viscoelastic properties like Relaxation, Creep and Stress/Strain

The TMA 402 F3/F1 Hyperion® now offers not only to keep the force constant and to measure the length change, but also to change the displacement and measure the corresponding force. One example where this is used is the stress-relaxation test. This test stretches a sample by a specific amount at a defined temperature. During the test, the deformation is kept constant and the progression of the force is recorded. This force continuously decreases as a result of material relaxation. The stress-relaxation strength is ultimately defined by the residual stress measured after a defined exposure period. The data can be depicted graphically in a stress-time diagram. It is then possible to read off both the stress-relaxation behavior and the values for the relaxation rate and time.

Measurement on sensitive materials but also for higher stresses up to 4N 

The electronic control system allows users to set the force value in the mN-range. This enables testing even on sensitive materials such as thin fibers or films. For bigger geometries or higher stresses a force load up to 4 N can be applied using the premium TMA 402 F1 Hyperion® model. The force being exerted upon the sample can be altered via the software in a stepwise or linear fashion. This makes it especially simple to carry out tests such as creep.

真空タイト恒温制御測定システム

TMA 402 Hyperion® の測定システム全体が、チラーユニットにより恒温制御されていますので、加熱炉からの熱や、環境温度の変化による影響を受けることがありません。 全ての接続部は、真空タイト構造となっていますので、高純度雰囲気や真空下での測定が可能です。 ターボ分子ポンプ装備のTMA 402 F1/F3 Hyperion®は、10-4 mbar以下の真空度に到達することも可能です。 パージガスや保護ガス用内蔵マスフローコントローラー(MFC)と組み合わせれば (TMA 402 F3 Hyperion®ではオプション)、 高純度不活性や酸化性雰囲気中での測定を、最適の条件で制御することが可能です。

技術仕様

技術仕様

(変更する場合があります)

  • 最大試料長
    30 mm
  • 測定範囲
    ± 2.5 mm
  • デジタル分解能(変形)
    0.125 nm
  • 荷重範囲
    0.001 N ~ ± 3 N 0.2 mN ステップ
  • デジタル分解能 (荷重)
    0.01 mN 以下
  • 荷重モジュレーション
    1 Hz まで不可 (F1)
  • 到達真空度
    10-4 mbar 以下
  • ガス接続
    1 系統保護ガス
    2 系統パージガス
  • 温度範囲
    -150°C ~ 1550°C
ソフトウェア

ソフトウェア

TMA 402 F1/F3 Hyperion®  は、Windows®上の Proteus® ソフトウェアにより動作します。 Proteus® ソフトウェアは、測定と解析に必要なほとんど全ての機能を標準で備えています。解りやすいメニューと自動化ルーチンの組み合わせにより、ユーザーフレンドリーで、かつ高度な解析も可能なソフトウェアです。

本製品には、次のソフトウェアが使用できます: Proteus® Software, Advanced Software

TMAソフトウェアの特徴:

  • システムの膨張挙動を考慮した補正やオフセット補正、試料長補正等、様々な補正オプションが含まれています。
  • 使われている測定構成に合わせて、荷重、変形信号の符号を自動調整
  • 開始、ピーク及び終了温度等の解析ルーチン
  • DIN (ドイツ規格)に準拠したガラス転移及び軟化点の解析
  • 軟化点での自動測定停止機能
  • 熱膨張係数:技術膨張係数と物理膨張係数の計算とグラフィック表示
  • 焼結ステップの自動解析
  • 焼結速度制御ソフトウェア(RCS) : 一定収縮速度による焼結(オプション)
  • 変動荷重での測定: 粘弾性特性の解析

Extensions:

  • c-DTA® function:
    Evaluation of the temperature signal for endothermic or exothermic effects
  • Thermokinetics:
    Extensive characterization and optimization of sintering processes
  • Density Software:
    Determination of changes in volume and density until the liquid state
  • Peak Separation:
    The separation of overlapping effects
  • Identify:
    Identification  and classification of  TMA Curves
アクセサリ

アクセサリ

ユニークなモジュラー方式のTMA 402 Hyperion®
システムの測定温度範囲は、加熱炉を交換するだけで変更できます。加熱炉は、ユーザーが簡単に交換可能ですし、オプションのダブル加熱炉ホイストを使えば、加熱炉の切り替えは瞬時に行えます。

アプリケーションに適合した試料ホルダーを選択可能
測定目的や試料形状に合わせて、色々な試料ホルダーから選択することができます。膨張、浸透、引張り用保持治具やプッシュロッド、3点曲げ用サポートも用意しています。1000°C までのアクセサリーは、溶融シリカ製です。高温測定には、アルミナ製を用意しています。

TMA 402 Hyperion®の熱電対は、迅速かつ簡単に交換可能です。また、タイプK,タイプS,タイプE等、各種熱電対が使用可能です。システムの制御装置が、使用される熱電対のタイプを自動的に認識します。

特殊試料ホルダー
特殊試料コンテナを使って、粉体、ペースト、液体や融点で融解する金属の膨張挙動を分析することができます。このアクセサリーで、浸漬液中での膨潤挙動を分析することも可能です。

発生ガス分析(EGA): MS / FT-IR との接続
加熱中に発生するガスを分析するために、TMA 402 Hyperion®には、質量分析計やFT-IRスペクトロメーターを接続することができます。

加湿雰囲気での測定
TMA 402 Hyperion®装置用の銅加熱炉は、-150°Cから500°Cの温度範囲での従来加熱炉として 使用することができます。この加熱炉タイプは、特に、加湿雰囲気中の測定用に考案され、特殊注入 アダプターを介して加湿器に接続することができます。この場合、加湿されたガスは上記注入口から 試料に到達し、特殊ガスダクトが、保護ガスの水分濃度を不必要に希釈しないよう効率的に防護します。加湿雰囲気での測定は、0°Cから100°Cまでの温度範囲で可能です。

文献

文献

カタログ

カタログ

他の関連製品を見る:

DIL 402 Expedis Select & Supreme

新しい熱膨張計DIL 402 Expedis Select 及びSupreme は、最先端の熱膨張計技術を提供し、広範囲かつ高度なアプリケーションに対応します。DIL Expedisシリーズと同様に、Classicバージョンは新技術NanoEye 測定セルに特徴が有ります。

DIL 402 Expedis Classic

新しい熱膨張計DIL 402 Expedis Classicは、最先端の熱膨張計技術を提供し、広範囲かつ高度なアプリケーションに対応します。DIL Expedisシリーズと同様に、Classicバージョンは新技術NanoEye 測定セルに特徴が有ります。

TMA 402 F3 Hyperion® Polymer Edition - Tailor-made for low-temperature applications

The TMA 402 F3 Hyperion® Polymer Edition was designed to gain valuable information about product performance and processing behavior of polymers. Equipped with the compact highly reactive IC-furnace, it covers a temperature range of -70°C to 450°C without the need of LN2.