DIL 402 Expedis Classic

革新的熱膨張測定

新しい熱膨張計DIL 402 Expedis Classicは、最先端の熱膨張計技術を提供し、広範囲かつ高度なアプリケーションに対応します。DIL Expedisシリーズと同様に、Classicバージョンは新技術NanoEye 測定セルに特徴が有ります。

NanoEye

全測定範囲でナノレベル評価を可能とします。

測定範囲と精度の新次元

従来の熱膨張測定では、測定範囲と分解能の二つのパラメーターは、相反するものと思われていました。分解能を高くすれば、通常、測定範囲は逆に小さくなります。新機軸のNanoEye 光電変換システムは、これまで実現が不可能であった全測定範囲における完全な直線性と最高の分解能を実現できるのが特徴です。

機能原理

測定の間、試料が膨張した場合、図中の全ての緑色構成要素はリニアーガイド(青色表示)によって後方に移動します。光学エンコーダーが直接、対応する寸法変化を適切なスケールで計測します。

主要な特徴

技術仕様

(変更する場合があります)

  • 測定温度範囲(加熱炉による) 
    RT ~ 1600 ℃
  • 加熱速度
    0.001 ~ 50 K/min
  • 試料ホルダーシステム
    シングル及びデュアル/差動型システム
  • 測定システム
    NanoEye
  • 温度精度
    1 K
  • 温度再現性
    0.1 K
  • 熱膨張係数(CTE)測定再現性
    10-8 1/K
  • 測定範囲
    ± 5000 μm
  • 分解能
    2 nm (全測定範囲に渡り)
  • ガス制御
    1系統、オプションで3系統切換え

ソフトウエア

Proteus® ソフトウエア

Proteus® 7 熱膨張計ソフトウェアは、すべてのユーザーのニーズにお応えします。:スムーズに動作し、信頼できる結果を提供し、迅速且つ効率的です。広範囲の機能を提供すると同時に解りやすいユーザーインターフェースを提供します。加えて、このソフトウエアは、視覚的に操作が可能で容易です。簡易操作のみならず経験豊富なオペレーターにもお応えする幾つかのオプション、特にDensity Determination、特許のc-DTA®や新しい革新的Identify ソフトウエアも提供致します。

 

 

Density Determination

この付加プログラムは、密度の変化する試料、例えば固体やペースト、液体や融体のような粘性材料の密度変化や等方性材料の体積膨張の解析を可能にします。

 

 

特許の* c-DTA®

c-DTA®信号は、寸法変化と吸熱/発熱反応の同時分析を可能にします。また、温度キャリブレーションにも使用することが可能です。

*DE102013100686

文献

カタログ

ウェブキャスト

NETZSCH DIL Basic Webinar September 15 EN
Dilatometry more than just determination of thermal expansion
NETZSCH-WebinarThermal Analysis Methods Perfect for the Characterization of Wood-Plastic Composites
NETZSCH-Webinar Dilatometry more than just determination of thermal expansion
NETZSCH-Webinar - From Raw Materials to Optimized Sintering Processes Areas of Application for Dilatometry with Ceramic Materi

プレスリリース

ビデオ

NETZSCH DIL402 Expedis Dilatometer
NETZSCH DIL402 Expedis English
DIL402 Productvideo EN
NETZSCH DIL402 Expedis EN

他の関連製品を見る:

DIL 402 Expedis Select & Supreme

新しい熱膨張計DIL 402 Expedis Select 及びSupreme は、最先端の熱膨張計技術を提供し、広範囲かつ高度なアプリケーションに対応します。DIL Expedisシリーズと同様に、Classicバージョンは新技術NanoEye 測定セルに特徴が有ります。