STA 449 F5 Jupiter®

STA 449 F5 Jupiter®

洗練された装置を魅力的な価格で

フル装備

真空タイトな構造のSTA 449 F5 Jupiter®は、ユーザーのアプリケーションに特化して製作されています。セラミックス、金属、無機材料や建築材料等の分野における高温アプリケーションで必要な全てのハードウエアーとソフトウエアーが装備されています。

最高のコストパーフォーマンス

STA 449 F5 Jupiter®は、分解能が高く、測定範囲が広く、ドリフトの少ない天秤と高感度DSCを備えており、広い温度範囲に渡り全ての標準的アプリケーションで卓越した性能を発揮します。

ユニークな組み合わせ – 高精度な TGA-DSC と大容量TGA

高精度なTGAとDSC測定は、室温から1600°Cの試料温度において、高い精度と再現性で実現しています。TGAのみの測定は、大きく、重い試料でも測定することが可能です。

トップローディング – 熱天秤の確立されたデザイン

STA 449 F5 Jupiter®の天秤構造は、ラボで長年愛用されてきたトップローディングシステムです。トップローディングシステムの自然なガスフローは、サンプルから発生するガス凝集や汚染に対する天秤の保護を保証します。


技術仕様

技術仕様

(変更する場合があります)

  • 温度範囲:
    室温~1600°C
  • 加熱速度:
    0.001 to 50 K/min
  • 真空密閉性:
    10-2 mbar
  • 温度分解能:
    0.001 K
  • 天秤分解能:
    0.1 μg (全重量測定範囲において)
  • 天秤ドリフト:
    5μg/時以下
  • 最大試料荷重:
    3500 mg (試料容器含む)、
    TGA測定範囲と同じ
  • 試料容量:
    最大5cm3 (TGAるつぼ使用時)
  • DSC再現性:
    1μV、 1 mW (センサータイプによる)

ソフトウェア

ソフトウェア

STA 449 F5 Jupiter®は、Windows®OS上の万能 Proteus® ソフトウエアーによって操作されます。 Proteus® ソフトウエアーには、測定の実行や測定データの解析あるいは複雑な分析の実行に必要なものがすべて含まれています。Proteus® ソフトウエアーは、分析装置と共にライセンスされていますが、他のPCにインストールすることも可能です。

ソフトウエアーの特徴全般:

  • マルチタスク:測定と評価を同時に実行
  • マルチモジュール:1台のPCで、複数の装置を操作
  • 結合分析:一つのプロットで、STA、DSC、TGA、DIL、TMA、DMA測定の比較と評価
  • スケール選択
  • グラフィック及びデータのエクスポート
  • ピーク温度を含む一次微分、二次微分曲線の計算
  • 解析結果の保存と復元
  • 前後関係、状況を把握したヘルプシステム
  • ISO公認企業により製造されたソフトウエアー


本製品には、次のソフトウエアーが使用できます:

Proteus® Software, Advanced Software

DSC用ソフトウエアーの特徴:

 

  • 自動ピークサーチを含む開始温度、ピーク温度、曲折点、終了温度の決定(cp解析はオプション)
  • 選択したベースラインで発熱、吸熱ピークエリアを解析(エンタルピー)、部分ピークエリアの解析
  • 結合分析:一つのプロットで、STA、DSC、TGA、DIL、TMA、DMA測定の比較と評価
  • 総合的ガラス転移解析
  • 結晶化度
  • O.I.T. (酸化性雰囲気導入時間)


TGA用ソフトウエアーの特徴:

  • wt% 又はmg表示での重量変化
  • 残留重量の解析を含む重量変化ステップの自動評価
  • 外挿開始、終了温度
  • 自動ベースライン補正
  • 測定影響の自動補正用TGA-BeFlat®
  • 特性温度、ピーク面積評価を含む計算DTA信号を表示するc-DTA®(TGA測定用オプション)
  • 速度制御重量変化用Super-Res®(オプション)



アクセサリ

アクセサリ

二つの測定法 – 合わせてより効果的に

システムは、ユーザーが交換可能なTGA-DSCセンサーを装備して納入されます。真のDSCあるいはTGA-DSC測定は、自動サンプルチェンジャー(ASC)使用時も実行することができます。さらに、TGAやTG-DTA測定用試料キャリアーも使用可能です。

雰囲気 – MFC と AutoVacにより完璧に制御

3台の内蔵マスフローコントローラー(MFC)が、試料周辺の最適雰囲気制御を維持するよう、パージガスと保護ガスを制御します。加熱炉の排気と再充填 は、試料周辺の雰囲気制御をさらに良好にします。特に、粉体試料や他の“排気に注意が必要”な試料を扱う場合有効です。ソフトウエアー制御全自動真空置換 システムが含まれています。


文献

文献

アプリケーションデータ

カタログ

カタログ

製品カタログ: 同時熱重量測定ー示差走査熱量測定; Methods, Technique, Applications, 16 pages (英語)

ウェブキャスト

NETZSCH Webinar Silmultaneous Thermal Analysis STA
NETZSCH-Webinar - Areas of Application for Simultaneous Thermal Analysis with Ceramic Materials