熱重量測定 (TGA/TG)

NETZSCH (ネッチ) 熱重量測定装置は、コンパクトで高感度天秤を備えています。
トップローディング方式ですので操作が簡単で、試料温度は直接正確に測定可能です。

ほとんどの NETZSCH熱天秤は、真空タイト構造ですので特定雰囲気中での重量変化測定が可能です。

オプションの c-DTA 信号を使えば、重量変化に関係のない試料の発熱、吸熱反応の情報も得ることができます。  信号を使えば、重量変化に関係のない試料の発熱、吸熱反応の情報も得ることができます。

多くの熱天秤には、QMSFT-IR or GC-MS等のガス分析システムとの加熱接続アダプターを装備することができます。 

400シリーズ熱重量測定装置には、DSC やDTA サンプルキャリアーを装備することができますので、本来の
TGA-DSCまたは TGA-DTA同時測定装置 (STA)としていつでもお使いいただけます。
NETZSCH (ネッチ) 熱天秤はISO 11358, ISO/DIS 9924, ASTM E1131, ASTM D3850, DIN 51006を含む、様々な標準規格に準拠しています。


TG 209 F1 Nevio

Analyzing the Thermal Stability and Composition of Pharmaceuticals, Foods and Cosmetics by means of the TG 209 F1 Nevio ‒ the top-quality thermobalance for research and development.

TG 209 F3 Nevio

Thermal Stability Studies and Compositional Analysis of Pharmaceuticals, Foods and Cosmetics by means of the TG 209 F3 Nevio ‒ the workhorse for quality control and process optimization.

TG 209 F1 Libra®

豊富な付属品により多様性に富むこの熱重量測定装置は、1100°Cまでの考えられるほとんどの測定に対応します。 この新しいシステムには多くの優れた特長があります: BeFlat® 機能や200K/分までの高速加熱による 即時測定機能、また高耐蝕性セラミック加熱炉はフッ化物や塩化物を含むポリマーの測定にも耐えることができます。c-DTA® 機能により発熱、吸熱反応の検出も可能です。

TG 209 F3 Tarsus®

この簡単操作の熱重量測定装置は、プラスチックスや化学工業のルーチン測定用に開発されました。測定範囲は、室温~ 1000°Cで、最初の装置に適しています。c-DTA® 機能も付加できますので、発熱、吸熱反応の検出も可能です。