TG 209 F1 Libra®

TG 209 F1 Libra®

高い要求にお応えする真空タイトなマイクロ熱天秤

より迅速に、より包括的に、材料特性を解析する

50年を超える熱重量測定の経験をベースに、NETZSCHは、熱天秤TG 209 F1 Libra®を開発しました。この装置により、迅速かつ高精度に、広い温度範囲で測定を実行することができます。

BeFlat®によって2倍迅速に

他の熱天秤と較べ、通常、測定前に必要な、時間のかかるTG 209 F1 Libra®による ベースライン補正測定が必要ありません。 LibraのユニークなBeFlat® 機能が、測定に影響を与える全ての外部要因を、自動的に補正します。この機能により、作業時間を50%カットすることができ、効率的な測定が可能になります。

高速加熱により20倍速く

TG 209 F1 Libra®の心臓部は、高性能セラミックス製マイクロ加熱炉にあります。このマイクロ加熱炉により、1100°C までの広い試料温度範囲をカバーするだけでなく、 200 K/minまでの高速加熱が可能となりました。これにより、最高温度までの測定でさえ、数分以内に分析結果を得ることができ、他の熱天秤に較べ、20倍速く、測定を完了することも可能です。

特許のc-DTA® により、より包括的で迅速な特性解析を

TG 209 F1 Libra®では、試料温度を直接計測しています。これにより、吸熱・発熱反応を検出することが可能で、例えば、試料の融点等を評価することができます。 他の分析手法を用いずとも、より多くの試料挙動情報を得ることが可能です。

ライフタイムの長い高性能セラミックス

新しく、特別にデザインされたセラミックス加熱炉は、腐食性成分を含む試料の測定を行っている場合ですら、 通常の熱天秤の加熱炉より長いライフタイムを誇ります。フッ素や塩素を含むポリマーの測定も、問題ありません。反応性ガスやパージガスは、自然対流により、上方にフローします。従って、測定部(サンプルホルダー)への発生ガスの再凝縮が生じません。これにより、装置を傷めないだけでなく、次の測定に悪影響をおよぼす恐れのある、メモリー効果を防ぐことも可能になります。


技術仕様

技術仕様

(変更する場合があります)

Scheme of the TG 209 F1 LibraScheme of the TG 209 F1 Libra
  • 測定試料温度範囲:
    室温 ~ 1100°C
  • 加熱炉最高温度:
    1100°C以上
  • 加熱・冷却速度:
    0.001 K/min~200 K/min
  • 冷却時間:
    12分(1100°C→100°C)
  • 重量変化測定範囲:
    2000 mg
  • TGA分解能:
    0.1 µg
  • 試料容器容量:
    最大350 µl
  • 測定雰囲気: 不活性、酸化性、還元性、ガス静止、ガスフロー
  • 10-2 mbar (1 Pa)までの真空密閉構造

ソフトウェア

ソフトウェア

TG 209 F1 Libra® は、Windows®上の Proteus® ソフトウェアにより動作します。 Proteus® ソフトウェアは、測定と解析に必要なほとんど全ての機能を標準で備えています。解りやすいメニューと自動化ルーチンの組み合わせにより、ユーザーフレンドリーで、かつ高度な解析も可能なソフトウェアです。Proteus® のライセンスは装置に付属しますが、 他のPCにインストールして使用することも可能です。

本製品には、次のソフトウェアが使用できます:

Proteus® Software, Advanced Software

TGA用ソフトウェアの特徴:

  • wt% 又はmg表示での重量変化
  • 重量変化ステップの自動評価
  • 重量減/温度の2変数の決定
  • 残留重量の解析
  • 外挿開始、終了温度
  • TG曲線の1次微分、2次微分曲線のピーク温度
  • 自動ベースライン及び浮力補正
  • 吸熱・発熱反応を検出する計算DTA信号を表示する c-DTA®
  • 自動で重量変化速度制御と高分解能温度制御を可能にするSuper-Res® (オプション)
  • GLPやGMP のような地域・分野別の規則に適合するソフトウェア

アクセサリ

アクセサリ

TG 209 F1 Libra® には、冷凍機付き恒温制御装置が装備されており、長時間の測定安定性を確かなものにしています。また、室温以下からの測定や、マイクロ加熱炉の迅速な冷却も可能にしています。

自動サンプルチェンジャー(ASC)

研究開発や品質管理のルーチン測定用に最適の64試料まで取り扱える自動サンプルチェンジャー(ASC)は、昼夜を問わず測定し、ユーザーに時間的余裕をもたらし、週末でさえ、最高の効率でTG 209 F1 Libra®を 活用することを可能にします。もちろん、それぞれの試料は、それぞれのプログラムで測定され、解析評価することが可能です。解りやすい入力マスクが、測定 シリーズのプログラムを容易にします。進行中の事前プログラムされた測定シリーズに、いつでも、プログラム外の分析を挿入することも可能です。

真空ポンプ

自動真空排気・再充填システムAutoVac に接続されている色々な真空ポンプは、減圧下の測定や酸素を含まない純粋雰囲気での測定を可能にします。

試料容器

最大容量350 µlまでの色々なサイズのアルミナ、白金、アルミ、グラファイト、溶融シリカ等、豊富な試料容器を用意しています。

自動穴あけ装置

不安定な試料や揮発性試料用を自動サンプルチェンジャー(ASC)で測定する場合に、測定開始直前に密封容器を開放する、自動穴あけ装置を付加できます。

キャリブレーション用標準物質

色々なキャリブレーションセットを用意しており、すべての温度範囲10°C~1100°Cをカバーしています。標準物質は、ASTMやCEI-IEC規格に準拠しています。

発生ガス分析 (発生反応ガスの分析)

TG 209 F1 Libra® には、四重極質量分析装置 QMS 403 D Aëolos® または、FT-IR スペクトロメーターやGC-MSに接続することができます。試料の分解過程で放出されたガスのフラグメントは、溶融シリカキャピラリーやトランスファーラインを通じて直接、 ガス分析装置に運ばれ、ppmオーダーまで検出されます。

Crucibles (Pans) for General Applications – TG 209 F1 Libra®
Material
(Purity)
Temperature Range Consisting of
Dimension/
Volume
RemarksOrder Number
Al2O3 (99.7)Max. 1700°CCrucibleø 6.8 mm / 85 μlGB399972
Al2O3 (99.7)Max. 1700°CLidFor GB399972GB399973
QuartzMax. 1000°CCrucibleø 6.7 mm / 85 μlGB399974
QuartzMax. 1000°CLidFor GB399974GB399975
Pt/Rh (80/20)Max. 1700°CCrucibleø 6.8 mm / 85 μlGB399205
Pt/Rh (80/20)Max. 1700°CLidFor GB399205 and NGB801556GB399860
Pt/Rh (80/20)Max. 1700°CCrucibleø 6.8 mm / 190 μlNGB801556
Al (99.5)Max. 610°CCruciblelø 6.7 mm / 85 μlSet of 100 piecesNGB810405
Al (99.5)Max. 610°CLidFor NGB810405NGB810406
Gold (99.9)Max. 900°CCrucible + lidø 6.7 mm / 85 μl6.225.6-93.3.00
SilverMax. 750°CCrucible + lidø 6.7 mm / 85 μl6.225.6-93.4.00
ZrO2Max. 2000°CCrucible85 μlCaO-stabilizedGB397053
ZrO2Max. 2000°CLidFor GB397053GB397052
GraphiteMax. 2200°CCrucible85 μlGB399956
GraphiteMax. 2200°CLidFor GB399956GB399957
Al2O3 (99.8)Max. 1700°CCruciblelø 9 mm, height 7 mm, volume 350 μlSample holder for large samples requiredNGB800453
Al2O3 (99.8)Max. 1700°CLidNGB800454
Al2O3 (99.7)Max. 1700°CCruciblelø 8 mm, height 8 mm, volume 300 μlSample holder for large samples required, ASC-compatibleNGB803698
Al2O3 (99.7)Max. 1700°CLidFor crucible NGB803698NGB808209

文献

文献

アプリケーションデータ

アプリケーションデータ
アプリケーションデータ
アプリケーションデータ
アプリケーションデータ
アプリケーションデータ
アプリケーションデータ
アプリケーションデータ
アプリケーションデータ

Investigation of the thermal evolution process of mixed oxide solid films by means of TG-MS

published: Journal of Thermal Analysis and Calorimetry

アプリケーションデータ

Characterization of Dust Samples in Occupational and Environmental Medicine

published: NETZSCH Onset 4/2008

アプリケーションデータ

This application note highlights the capability of the BeFlat® correction being a smart solution for the influence of the heating rate and gas flow without a separate baseline measurement.

アプリケーションデータ
アプリケーションデータ
アプリケーションデータ

アクセサリーカタログ

アクセサリーカタログ

カタログ

カタログ

製品カタログ: 熱重量分析; Methods, Technique, Applications, 20 pages (英語)

ポスター

ディジタルメディア

ディジタルメディア

ビデオ

ウェブキャスト

Thermogravimetry-A Powerful Tool for the Dertermination of the Thermal Stability and Composition of Polymers
Thermogravimetric Analysis Sample Setup and Run with the NETZSCH TG 209 F1 Libra
TGA-FT-IR Sample Setup and Evolved Gas Analysis The PERSEUS®® TG 209 F1 Libra

他の関連製品を見る:

DSC 204 F1 Phoenix®

超高感度で高分解能は、このプレミアム示差走査熱量計 (DSC)で実現できます。 さらに、オートサンプルチェンジャー (ASC)の装備、温度モジュレーション機能 (TM-DSC)の装備、 ベースライン最適化 (BeFlat®)、熱抵抗と時定数の補正 (DSC-correction)、 QMS やFTIRとの接続、 UV照射機能付加(フォトカロリメーター)までもが可能です。