発生ガス分析 (EGA)

Hyphenated Techniques

熱分析装置と四重極質量分析計 (QMS)を接続することによって、関係する熱分析信号と同時に発生ガスの検出と同定 (発生ガス分析 - EGA)が可能になります。


ガストランスファーラインに関して、NETZSCHは、30年以上の経験があり、充分に確立された接続システムを提供しています。ユニークなスキマー接続( SKIMMER Coupling)、QMS 403 D Aëolos® 用キャピラリー接続及び GC-MS 接続があります。

FT-IR (フーリエ変換赤外線スペクトロメーター) との接続は、ポリマー、化学品、医薬品工業の分野では、必要不可欠となっています。

NETZSCH Analyzing & Testingは、15年以上にわたり、よく知られたFT-IR メーカーである Bruker Optik GmbHと協力関係にあります。FT-IR 接続は、 “それぞれの部分の合計以上のものである”。

我々の知的なハードウエアーとソフトウエアーコンセプトで利益を上げましょう!

ユニークな PulseTA® (パルス熱分析)は、QMS及びFTIRとの接続で、定量ガス分析を可能にします。

Modern coupling methods presented during analytica 2016
FT-IR - フーリエ変換赤外線スペクトロメーターへの接続

フーリエ変換赤外線スペクトロメーター(FT-IR)は、色々な熱分析装置に接続することができ、特に有機化学の分野で 効果的であることが実証されています。(発生ガス分析用装置)

QMS 403/5 SKIMMER - スキマー接続システム

STA 409 CD と四重極質量分析計(QMS)を直接接続し、最高検出感度を実現した発生ガス分析(EGA)技術です。

PERSEUS® TG 209 F1 - パーフェクトな TGA-FT-IR カップリングシステム

新しいPERSEUS® TG 209 F1  は、NETZSCH TG 209 F1 Libra®とブルカーオプティクス社のコンパクトな FT-IR スペクトロメーターの他に類を見ない組み合わせで、最先端のカップリングシステムのベンチマークとなるデザインとなっています。

GC-MS Coupling

NETZSCHは、JAS (Joint Analytical Systems)とのコラボレーションで、発生ガス分析(EGA)に画期的改良を施しました。新しい接続システムに施したことは、測定の開始はイベントドリブン方式で行われることです。のことにより、温度と相関のある発生ガス検出が可能となり、重量減ステップとの直接相関が明確に分析できます。

新製品: PERSEUS® STA 449 F1/F3 – STA-FT-IR 接続

新しい PERSEUS® STA 449 F1/F3 は、二つの成功した装置: NETZSCH STA 449 F1/F3 Jupiter® とBruker Optics の FT-IR spectrometer の無敵の組み合わせです。そのデザインは、前例のない、最先端の接続システムのベンチマークとなるものです。

カップリング拡張機器
QMS 403 D Aëolos® - 四重極質量分析計

QMS 403 D Aëolos® は、加熱キャピラリーガス導入システムを備えたコンパクトな質量分析計で、揮発性材料の ルーチン熱分析用に設計されました。 (発生ガス分析用装置)