FT-IR

FT-IR

フーリエ変換赤外分光光度計への接続

それぞれの合計以上のものを

特にポリマー分野、薬品や化学工業において、硬化/架橋、分解や他の反応過程中に発生するガスの知見を得ることは非常に有益です。 真空タイトな熱天秤や同時熱分析装置TG 209 F1 Libra®, TG/STA 449 F3 Jupiter® and TG/STA 449 F1 Jupiter®, TG/STA 449 F5 Jupiter®, STA 2500 Regulus, DIL 402 Expedis Select & SupremeTMA 402 F1/F3 Hyperion® のみならず、示差走査熱量計DSC 404 F1 Pegasus® and DSC 204 F1 Phoenix® と共に、NETZSCHは効率的なフーリエ変換赤外分光計(FTIR)への接続システムを提供します。トランスファーライン及び加熱炉への接続アダプターは、分解物質の可能な範囲での凝集を避けるため230℃まで加熱可能です。スペクトルの解析には、広範囲のガス相ライブラリーが使用可能です。

 

Request an Offer: The NETZSCH TG-FT-IR Database For Polymers

The FT-IR coupling can be employed for the following application areas:

  • Decomposition
  • Dehydration
  • Residual solvent content
  • Pyrolysis
  • Solid-gas reactions
  • Combustion
  • Oxidation
  • Corrosion
  • Catalysis
  • Compositional analysis
  • Binder burn-out
  • Coal analysis
  • Polymer content
  • Ash content
  • Evaporation, outgassing
  • Analysis of decomposition processes
  • Detection of volatiles
  • Analysis of aging processes
  • Desorption behavior
アクセサリ

アクセサリ

PulseTA®  システムでは、正確に定量されたガスが、熱天秤(TG)や同時熱分析装置(STA)のパージガス中に導入されます。

ソフトウェア

ソフトウェア

FTIRカップリングは、Windows®上で作動するOPUSと Proteus® ソフトウエアーで操作します。Proteus® ソフトウエアーには、測定の実行や測定データの解析に必要なものがすべて含まれており、解りやすいメニューと自動化ルーチンを組み合わせ、極めてユーザーフレンドリーで且つ洗練された分析を可能にします。Proteus®ソフトウエアーは、分析装置と共にライセンス化されていますが、もちろん、他のPCにインストールすることも可能です。

特徴:

  •  二つのソフトウエアパッケージによる同時測定、データ取得及びデータ保存:熱分析用Proteus® (NETZSCH)とFT-IRスペクトルと追跡用OPUS ( Bruker Optics)
  • OPUS/CHROM ソフトウエアーによる時間・温度軸でのFT-IR と TG/STA/DSC測定曲線の2D、3D プロット
  • スペクトルライブラリーによるOPUS/SEARCH
  • 特性温度の評価と熱分析曲線のピーク面積の追跡
  • 温度とのGram-Schmidtプロットと熱分析曲線のピーク面積計

本製品には、次のソフトウエアーが使用できます:

Proteus® Software, Advanced Software

Transfer line Coupling
Direct Coupling PERSEUS® STA/TGA

他の関連製品を見る:

QMS 403 Aëolos Quadro - 四重極質量分析計

QMS 403 Aëolos Quadro は、加熱キャピラリーガス導入システムを備えたコンパクトな質量分析計で、揮発性材料の ルーチン熱分析用に設計されました。 (発生ガス分析用装置)

GC-MS Coupling

NETZSCHは、JAS (Joint Analytical Systems)とのコラボレーションで、発生ガス分析(EGA)に画期的改良を施しました。新しい接続システムに施したことは、測定の開始はイベントドリブン方式で行われることです。のことにより、温度と相関のある発生ガス検出が可能となり、重量減ステップとの直接相関が明確に分析できます。

QMS 403/5 SKIMMER - スキマー接続システム

STA 409 CD と四重極質量分析計(QMS)を直接接続し、最高検出感度を実現した発生ガス分析(EGA)技術です。

STA 449 F3 Jupiter®

新しい STA 449 F3 Jupiter® は、高感度熱天秤と示差走査熱量計を結合させました。多種の加熱炉と TG、TGA-DTA、及び TGA-DSCセンサーが使用できますので、ほとんどの多様な測定に システムを簡単に適合させることができます。

STA 449 F1 Jupiter®

新しい STA 449 F1 Jupiter®の発表によって、 NETZSCH (ネッチ) は新しい規格を設定しています。 制限のない多様な装置構成と比類のない性能は、広い測定温度範囲(-150...2400°C)にわたり、セラミックス、金属、プラスチックスや複合材の分野で、新しい多様な測定の地平を広げる基礎となります。