PERSEUS® TG 209 F1

PERSEUS® TG 209 F1

パーフェクトな TGA-FT-IR カップリングシステム

発生ガス分析(EGA)は、有機・無機物質の固体・液体の熱分解挙動をより詳細に解析し、その反応プロセスを解明する為の理想的なツールです。

PERSEUS®
TG 209 F1 は、頑丈且つコンパクトな機能性に富んだコストパフォーマンスの高いシステムとなっています。小さくて高性能なFT-IR分析装置とTGAの組み合わせは、大学や企業における研究開発や品質保証などのあらゆる分野で活躍できる可能性を秘めています。

既設の全ての NETZSCH TG 209 F1 Libra® システムは、PERSEUS® カップリングシステムにアップグレードすることが可能です。

PERSEUS® TG 209 F1 は、次の応用分野で活用できます:

  • 分解
  • 固体-ガス反応
  • 組成分析
  • 蒸発、ガス放出
  • 揮発物質の検出
  • エイジングプロセスの分析
  • 脱離挙動

PERSEUS TG 209 F1 Libra®PERSEUS® TG 209 F1 Libra®

手頃なガス分析
このカップリングシステムは、革新的かつ最良の組み合わせでありながら、比較的低予算でも導入が容易となっています。 この装置は、あらゆる研究分野で、必要不可欠な分析装置となります。

液体窒素不要
DLaTGS 検出器(deuterated L-alanine doped triglycine sulfate )には、液体窒素冷却は必要ありません。従って、このシステムは自動サンプルチェンジャー(ASC)を使った測定等の長時間測定に適しています。

トランスファーライン不要
トランスファーラインや、加熱制御装置は、必要ありません。内蔵加熱ガスセルが、加熱チューブを介して、加熱炉のガス排気口に直接接続されています。この低容量ガス経路によって、高速応答が可能になり、凝集性の発生ガスが存在しても問題になりません。

省スペース
FT-IR スペクトロメーターやトランスファーラインの加熱用制御ユニットは別途用意する必要はありません。PERSEUS® TG 209 F1  の設置スペースは、標準TG 209 F1 Libra®の設置スペースと全く同じで良く、スペースの限定されたラボにとっても最適のシステムとなっております。


技術仕様

技術仕様

(変更する場合があります)

  • ガスセル長さ/容量:
    70 mm / 5.8 ml (ミラー内部は含まず。ビーム適合型デザイン)
  • 検出器:
    DLaTGS
  • ガスセルの加熱:
    最高200°C、ソフトウェア制御
  • FT-IRデータのスペクトル範囲:
    6000 cm-1 ~ 500 cm-1
  • ガスセル:
    ZnSeウィンドウ
    Viton© シール
  • トランスファーチューブの加熱:
    2つのオプション (温度制御; 定電圧電源装置使用)

TG 209 F1 Libra®の技術データを見るにはココをクリックしてください


ソフトウェア

ソフトウェア

Windows®上で動作する、熱分析用Proteus® ソフトウェアとFT-IR 用OPUS ソフトウェアは、互いにリンクされており、ソフトウェア間で測定中のオンラインデータ交換を可能にします。FT-IRデータの温度軸3-DプロットにはTGAの結果が含まれており、互いの相関をより明確にします。加えて、Proteus®ソフトウェアでは、FT-IRの結果とTGA 測定との直接相関を示すことも可能です。測定中の全ての情報は、温度あるいは時間の関数として表示されます。

Proteus® ソフトウェアは、測定と解析に必要なほとんど全ての機能を標準で備えています。解りやすいメニューと自動化ルーチンの組み合わせにより、ユーザーフレンドリーで、かつ高度な解析も可能なソフトウェアです。Proteus® のライセンスは装置に付属しますが、 他のPCにインストールして使用することも可能です。

ソフトウェアの特徴:

  • 同時熱分析のProteus® (NETZSCH)とFT-IR スペクトル分析のOPUS ( Bruker Optics)ソフトウェアによるデータアクイジション、データ保存及びPC上でのデータ追跡。
  • OPUS/CHROM ソフトウェアによる、時間・温度軸でのFT-IR と STA 測定曲線の2D、3D プロット
  • OPUS/SEARCH によるスペクトルライブラリー
  • 熱分析曲線表示上での特性温度、ピーク解析が可能な統合ウインドウプロット(追跡)
  • 熱分析曲線上での温度、ピーク解析を結合したGram-Schmidt プロット

本製品には、次のソフトウェアが使用できます:

Proteus® Software


アクセサリ

アクセサリ

PulseTA®

PulseTA® 手法によって、一定量のガスあるいは液体が、熱天秤(TG)又は同時熱分析装置(STA)のパージガス中に射出されます。この手法は、測定の可能性を広げます:MSやFTIR信号のキャリブレーションを可能にします。分離したガス量を、0.01 %までの精度で、定量測定することができます。

PulseTA®PulseTA®

PERSEUS® TG 209 F1用自動サンプルチェンジャー (ASC)

64試料まで取り扱える自動サンプルチェンジャー(ASC)は、品質管理におけるルーチン測定に最適の装置ですが、同様に研究開発分野においてもその能力を発揮します。多種多様のるつぼを、昼夜を問わず、週末でさえ安全、確実に交換することができます。

自動サンプルチェンジャーでは、それぞれの試料に対して個々の温度プログラム及びFT-IR測定パラメーターを設定して、TGA-FT-IR測定及び解析評価に対応することができます。ユーザーフレンドリーな条件入力ウィザードにより、測定がより容易に行えます。既にプログラム済みの測定マクロに対して、測定途中で追加のプログラムを挿入することも可能です。

 

文献

文献

カタログ

ビデオ

TG209 F1 PERSEUS®®-Coupling
NETZSCH PERSEUS®® TG 209 F1 - TGA-FT-IR Coupling
NETZSCH Analyzing and Testing at the Analytica 2016

ウェブキャスト

NETZSCH Webinar Evolved Gas Analysis
Unleashing the Power of Thermogravimetric Analysis TGA or STA
NETZSCH-Webinar Measuring Identifying Gas Release from Li-ion Batteries and Battery Materials Decomposition

You may also be interested in:

新製品: PERSEUS® STA 449 F1/F3 – STA-FT-IR 接続

新しい PERSEUS® STA 449 F1/F3 は、二つの成功した装置: NETZSCH STA 449 F1/F3 Jupiter® とBruker Optics の FT-IR spectrometer の無敵の組み合わせです。そのデザインは、前例のない、最先端の接続システムのベンチマークとなるものです。

TG 209 F1 Libra®

豊富な付属品により多様性に富むこの熱重量測定装置は、1100°Cまでの考えられるほとんどの測定に対応します。 この新しいシステムには多くの優れた特長があります: BeFlat® 機能や200K/分までの高速加熱による 即時測定機能、また高耐蝕性セラミック加熱炉はフッ化物や塩化物を含むポリマーの測定にも耐えることができます。c-DTA® 機能により発熱、吸熱反応の検出も可能です。

GC-MS Coupling

NETZSCHは、JAS (Joint Analytical Systems)とのコラボレーションで、発生ガス分析(EGA)に画期的改良を施しました。新しい接続システムに施したことは、測定の開始はイベントドリブン方式で行われることです。のことにより、温度と相関のある発生ガス検出が可能となり、重量減ステップとの直接相関が明確に分析できます。

STA 449 F3 Jupiter®

新しい STA 449 F3 Jupiter® は、高感度熱天秤と示差走査熱量計を結合させました。多種の加熱炉と TG、TGA-DTA、及び TGA-DSCセンサーが使用できますので、ほとんどの多様な測定に システムを簡単に適合させることができます。

STA 449 F1 Jupiter®

新しい STA 449 F1 Jupiter®の発表によって、 NETZSCH (ネッチ) は新しい規格を設定しています。 制限のない多様な装置構成と比類のない性能は、広い測定温度範囲(-150...2400°C)にわたり、セラミックス、金属、プラスチックスや複合材の分野で、新しい多様な測定の地平を広げる基礎となります。