DSC 204 F1 Phoenix®

全てのニーズに応えるハイエンドDSC

汎用性の高い示差走査熱量計DSC 204 F1 Phoenix®は、ユニークな設計思想に基づいています。: すべての主要コンポーネントは装置に内蔵されており、オプション付属機器は、分析現場でいつでも接続することができます。

DSC測定セルは、試料室内の広い熱対称性(3D対称性)を実現するよう、加熱コイル上に設置された熱伝導率の高いシリンダー状の銀製ブロック、液体窒素や圧縮空気用冷却ポート、イントラクーラー接続用冷却リング(液体窒素との同時冷却にも使用) で構成されています。ガスタイト構造とパージガス及び保護ガス用内臓マスフローコントローラーによりガス分析用 FTIRMS への接続が可能です。

Tau-sensorTau-sensor

測定目的に応じて交換可能なセンサー:

ディスク状銀製キャリアプレートとNi-Crコンスタンタン高感度熱センサー Tau-sensorは、高レベルの感度と同時に0.6秒という極めて短い時定数を実現し、重なり合った熱反応でもきれいに分離することができます。

µ-sensorは、DSCでは、かつて誰もがなしえなかった超高感度を達成しています。例えば、微量試料の医薬品の分析などに極めて適しています。

µ-sensorµ-sensor

More on the Functional Principle of a Heat-Flux DSC


技術仕様

(変更する場合があります)

  • 温度範囲:
    -180°C ~700°C
  • 広い加熱速度範囲:
    0.001 K/min~200 K/min
  • 急速冷却:
    最高 200 K/min
  • コンプレッサー冷却:
    室温~700°C
  • イントラクーラー冷却:
    -85°C ~600°C
  • 液体窒素自動制御冷却:
    -180°C~700°C
  • フォトカロリメーター用紫外線照射装置(オプション)
  • 内蔵マスフローメーター(ソフトウェア制御)による試料ガス 2ライン、保護ガス 1ラインのガス流量制御
  • オートサンプルチェンジャー:
    192試料及び参照容器まで可能(オプション)DSC 204 F1 Phoenix® ASC

ソフトウェア

DSC 204 F1 Phoenix® は、Windows®上の Proteus®ソフトウェアにより動作します。 Proteus® ソフトウェアは、測定と解析に必要なほとんど全ての機能を標準で備えています。解りやすいメニューと自動化ルーチンの組み合わせにより、ユーザーフレンドリーで、かつ高度な解析も可能なソフトウェアです。Proteus® のライセンスは装置に付属しますが、 他のPCにインストールして使用することも可能です。

DSC用ソフトウェアの特徴:

  • 開始温度、ピーク温度、変曲点、終了温度の決定
  • 自動ピークサーチ
  • 相転移エンタルピー: 選択したベースラインでピークエリアを解析、部分ピークエリアの解析も可能
  • 結晶化の評価
  • 総合的ガラス転移解析
  • 自動ベースライン補正
  • 比熱(Cp)解析
  • 多軸、多項式による温度及び加熱速度に基づくベースライン最適化用BeFlat®
  • Tau-R® Mode: 装置の時定数及び熱抵抗を考慮して試料からのDSC効果をよりシャープにすることが可能
  • 可逆反応(熱力学的)と不可逆反応(熱動力学的)の分離のためのオプションの TM-DSC (温度モジュレーション)
  • GLP やGMPのような地域規定に適合するためのソフトウェア改定

本製品には、次のソフトウェアが使用できます:

Proteus® SoftwareAdvanced Software


アクセサリ

DSC 204 F1 Phoenix® には、いくつかの冷却システムが装備できます。全温度範囲 -180°C ~ 700°Cは、液体窒素(LN2)および液体窒素ガス (GN2)による制御冷却用各種液体窒素冷却装置でカバーできます。供給システムを取り外すことなく冷媒を充填可能な補助装置も可能です。 あるいは、温度範囲-85℃ ~ 600℃の効率的で経済的な閉回路イントラクーラーも装備可能です。室温以上の測定では、コンプレッサーあるいは中央からの圧縮空気冷却が可能です。

ほとんど全ての応用や材料の測定に対応可能な幅広い試料容器(アルミニウム、白金、加圧測定用ステンレス容器等)を用意しています。

全てのアルミニウム製冷間密封型容器/試料容器や耐圧20Barまでのステンレス試料容器用交換可能シールプレスインサートを用意しています(写真参照)。

3in1ボックスは、新しいConcavus®試料容器と共にNETZSCHだけが独占提供します。これは移動および保管中に試料容器をあらゆる面で保護し、取り出しが容易かつユニークな保管システムを提供します。

自動サンプルチェンジャーDSC 204 F1 Phoenix®-ASCは、ルーチン測定用にデザインされています。昼夜を問わず測定し、ユーザーに時間的余裕をもたらし、最高の効率でDSC 204 F1 Phoenix®を活用することが可能になります。(例えば、週末のキャリブレーション測定等)。

The DSC system with an automatic sample changer can handle up to 192 crucibles/pans evenly distributed on two removable trays. Different types of crucibles/pans are allowed up to 8 mm Ø in and 8 mm in height. A four-needle gripper handles different crucibles by using the appropriate gripping pressure for the chosen pan. For calibration and correction purposes, a fixed strip with additional 12 crucible/pan positions is available. Crucible/pan recognition in flight is available. A crucible/pan and lid data base is linked to the ASC. The sample trays are covered by an automatically controlled cover. After closing the cover, the space above the sample pans is purged by branching gas channels integrated in the cover. The purge gas rate is adapted to opening and closing the cover. For this purpose, a further purge gas inlet is available only for the use with the ASC. A “remove lid” function is integrated to cover the sample while waiting its turn to be inserted into the DSC cell. Alternatively, a piercing device is optionally available for piercing the lid prior to measurement. The DSC system has a refuse bin for disposing lids and non-reusable pans. It is possible to archive the micro-plate trays (storage sample). For better identification, the plates have a serial number and 2D code. The tray identification feature is linked to a crucible/lid data base.The same ASC can also be used with our new TG 209 F1 Libra®.

DMA 242 E Artemisは、紫外線硬化接着剤、インクや塗料等の光誘起反応を解析するため、 OmniCure S2000 UV ランプをサポートします。紫外線照射時間と強度は、ソフトウェアにより制御されます ( NETZSCH Proteus® による)。 複数照射は、それぞれのセグメントで照射可能です。

感光樹脂、接着剤、塗料、コーティング材や歯科材料を分析するために、DSC 204 F1 Phoenix® をフォトDSCとして構成することができます。標準ランプは色々なメーカーが照射源として供給しています。
接着剤用には、Proteus® ソフトウェアから容易に照射指示が出せるDELOLUX04 高圧水銀ランプ(315-500 nm)を推奨します。
塗料やインク用には、OmniCure® S2000 ランプを推奨します。測定パラメーター(照射時間、強度) は、セグメントごとにProteus® ソフトウェアによってプログラムし、モニターすることが可能です。
高圧水銀ランプの輝度は、Radiometer R2000でキャリブレーションすることができます。

UV-硬化用フォト-DSC 204 F1 Phoenix®UV-硬化用フォト-DSC 204 F1 Phoenix®
お使いのデバイスは、この表を表示するのに小さすぎます。
Standard Crucibles (Pans) Made of Aluminum for the DSC 204 F1 Phoenix®
Material
(Purity)
Temperature
Range
Consisting ofDimension/
Volume
RemarksOrder Number
Al (99.5)Max. 600°CCrucible + lidø 6 mm; 25/40 μl*Set of 100, cold weldable**6.239.2-64.5.00
Al (99.5)Max. 600°CCrucible + lidø 6 mm; 25/40 μl*Set of 500, cold weldable**6.239.2-64.51.00
Al (99.5)Max. 600°CCrucible + lid with
laser-cut hole (50 μm)
ø 6 mm; 40 μlSet of 100, cold weldable**6.239.2-64.8.00
Al (99.5)Max. 600°CCrucible + lid with
laser-cut hole (50 μm)
ø 6 mm; 40 μlSet of 500, cold weldable**6.239.2-64.81.00
Al (99.5)Max. 600°CCrucibleø 6.7mm; 85 μlSet of 100 piecesNGB810405
Al (99.5)Max. 600°CLid100 pieces, for NGB810405NGB810406

* Crucible (pan) volumes of either 25 μl or 40 μl can be achieved by simply reversing the lid.
** One and the same sealing press is capable of sealing all standard Al crucibles (pans); order no. 6.240.10-80.0.00A.

お使いのデバイスは、この表を表示するのに小さすぎます。
Crucibles (Pans) for General Applications – DSC 204 F1 Phoenix®
Material
(Purity)
Temperature
Range
Consisting ofDimension/
Volume
RemarksOrder Number
Al2O3 (99.7)Max. 1700°CCrucibleø 6.8 mm/85 μlGB399972
Al2O3 (99.7)Max. 1700°CLidFor GB399972GB399973
Fused silicaMax. 1000°CCrucibleø 6.7 mm/85 μlGB399974
Fused silicaMax. 1000°CLidFor GB399974GB399975
Pt/Rh (80/20)Max. 1700°CCrucibleø 6.8 mm/85 μlGB399205
Pt/Rh (80/20)Max. 1700°CCrucibleø 6.8 mm/190 μlNGB801556
Pt/Rh (80/20)Max. 1700°CLidFor GB399205 and NGB801556GB399860
Gold (99.9)Max. 900°CCrucible + Lidø 6.7 mm/85 μl6.225.6-93.3.00
SilverMax. 750°CCrucible + Lidø 6.7 mm/85 μl6.225.6-93.4.00

文献

カタログ

カタログ

製品カタログ: 示差走査熱量測定; Methods, Technique, Applications, 16 pages (英語)

カタログ

応用例資料: "Material Characterization, Phase Changes, Thermal Conductivity", 16 pages (英語)

カタログ

応用例資料: "Research and Development - Substances, Components, Quality Control and Process, Extrusion, Injection Molding, Coating, Quality Assurance - Finished Goods, Material Properties and Main Measuring Methods", 8 pages (英語)

アプリケーションデータ

アプリケーションデータ
アプリケーションデータ
アプリケーションデータ
アプリケーションデータ
アプリケーションデータ
アプリケーションデータ

Optimization of the temperature profile for curing of a epoxy-based resin by means of DSC data and kinetic analysis using mulitariate non-linear regression

published: NETZSCH-Gerätebau GmbH

アプリケーションデータ

Phase Transition studies of Cu2As2O7 single crystals by means of XRD and DSC

published: Crystal Growth & Design Vol. 4, No. 6, (2004) 1229

アプリケーションデータ

Crystal Structure, thermal behavior, vibrational spectroscopy and solid state NMR results of Ag2PO3F

published: Journal of Inorganic Chemistry, 46 (2007) 801

アプリケーションデータ
アプリケーションデータ
アプリケーションデータ

Investigation of different LDPE LLDPE and HDPE blends with DSC and DMA regarding the performance in terms of morphology and mobility of the amorphous phase

published: Polymer Degradation and Stability 93 (2008) 43

アプリケーションデータ
アプリケーションデータ
アプリケーションデータ

Determination of thermal diffusivity, volumetric expansion and specific heat of NPL reference material inconel 600

published: High Temperatures - High Pressures, 35/36 (2003/2007) 621

アプリケーションデータ

Determination of the degree of crystallinity of specific grades of polyolefines by means of DMA, DSC WAXS and density

published: J. Polym. Res. 15 (2008) 83

アプリケーションデータ

Determination of melting behavior, crystallinity and thermal stability of polyolefines by means of DSC

published: Kunststoffe 10/2008

アプリケーションデータ
アプリケーションデータ

Oxidative-induction time (OIT) measurements allow for characterization of the long-term stability of hydrocarbons. For determination of the oxidative stability, standardized test methods by means of DSC (Differential Scanning Calorimetry) are used. OIT tests by means of DSC are internationally recognized. Well-established standards are e.g., ASTM D3895-92, ASTM D6186, EN 728 und ISO 11357-6.

アプリケーションデータ
アプリケーションデータ

ポスター

教科書

プレスリリース

ホワイトペーパー

アクセサリーカタログ

ディジタルメディア

ビデオ

NETZSCH DSC204 F1
NETZSCH DSC 204 F1 ASC.flv
NETZSCH DSC 204 F1 Phoenix for Differential Scanning Calorimetry

ウェブキャスト

NETZSCH Webinar-Quality improvements in plastic parts through powerful thermo-analytical methods
NETZSCHWebinar-Characterization of Food
NETZSCH Webinar Composites 2015 EN
DSC Analysis of Polymers for Experienced Users
NETZSCH-WebinarKey Thermal Analysis Techniques for Battery Material Development and Testing
NETZSCH-Webinar DSC Analysis of Polymers Basics Applications
NETZSCH-WebinarThermal Analysis Methods Perfect for the Characterization of Wood-Plastic Composites
NETZSCH-Webinar Thermal Analysis Goes Green Applications in the Field of Renewable Energies
NETZSCH-Webinar Quality assurance in polymer recycling How do I maintain a stable product composition of a recyclate compoun

他の関連製品を見る:

DSC 204 HP Phoenix® – 高圧DSC

制御されたガス圧力下でのDSC 測定は、化学反応、気化プロセス (ASTM E1782)、吸着や放出、時効解析 (ASTM E1858, ASTM D6186, ASTM E2009, ASTM D5483)の分析に、さらなる可能性を広げます。 DSC 204 HP Phoenix® 示差走査熱量計は、これらの研究に理想的な性能を有しています。

DSC 214 Polyma – 示差走査熱量計

DSC 214 Polyma は、日常の測定において、ハードウエアー、ソフトウエアー共に強力なソリューションを提供します。絶対的な信頼性に加えて、操作が簡単なので、ポリマー材料の研究、開発、品質管理や欠陥分析の理想的なツールといえます。

DSC 3500 Sirius

DSC 3500 Sirius は、高い検出感度とコンパクトで堅牢、使いやすさを融合させ、食品、化粧品、ポリマー、テクニカル織物や有機、無機材料の分野での品質保証や欠陥分析に最適の条件を提供します。