DSC 204 HP Phoenix® – 高圧DSC

DSC 204 HP Phoenix® – 高圧DSC

“高圧下での”低温DSC測定が可能!

多くの物理プロセスや化学反応は、雰囲気ガスの圧力に影響されます。この理由から、加圧条件下でのDSC測定が、しばしば、必要となります。

高圧示差走査熱量計DSC 204 HP Phoenix®によって、ガスのタイプによって異なりますが、-150°C ~ 600°Cの温度範囲で、真空から15 MPa (150 bar) までの試料熱反応の測定が可能になります。

試料室雰囲気は、高圧下ガス静止でも高圧下ガスフロー条件でも可能です。パージガスフローの正確な制御を可能にする電子モニター制御装置が、測定結果の高い精度と再現性を可能にします。
低温度領域の測定には、定評を頂いているCC 200 L液体窒素冷却装置が使用可能です。
この高圧DSCの安全性については、第三者機関による静水圧試験などにより厳密に確認されており、運転中の安全性は、適切な安全装置により保証されています。

熱流束DSCの機能原理


技術仕様

技術仕様

(変更する場合があります)

  •  広い圧力範囲:
    真空~15 MPa (約 2140 psi)   
  • 正確な圧力調整
    (例: 10 MPa ± 0.002 MPa)   
  • 昇温速度:
    0.01 K/min ~ 100 K/min   
  • 温度範囲 (ガスのタイプにより異なる):       
    • -150°C ~ 600°C (1 bar)       
    • -90°C ~ 600°C ( 50 bar)       
    • -50°C ~ 450°C ( 50 bar)       
  • 各種ガス雰囲気での測定       
    • 不活性: N2、希ガス      
    • 還元性:H2      
    • 酸化性: O2, CO2, air
      (他のタイプのガスも可能)    
  • 500 ml/minまでの正確なガス流量制御

ソフトウェア

ソフトウェア

DSC 204 HP Phoenix® は、Windows®上の Proteus® ソフトウェアにより動作します。 Proteus® ソフトウェアは、測定と解析に必要なほとんど全ての機能を標準で備えています。解りやすいメニューと自動化ルーチンの組み合わせにより、ユーザーフレンドリーで、かつ高度な解析も可能なソフトウェアです。Proteus® のライセンスは装置に付属しますが、他のPCにインストールして使用することも可能です。

DSC用ソフトウェアの特徴:

  • 開始温度、ピーク温度、変曲点、終了温度の決定
  • 自動ピークサーチ
  • 相転移エンタルピー: 選択したベースラインでピークエリアを解析、部分ピークエリアの解析も可能
  • 結晶化の評価
  • 総合的ガラス転移解析
  • 自動ベースライン補正
  • 比熱(Cp)解析
  • 圧力信号の記録と評価

本製品には、次のソフトウェアが使用できます:

Proteus® SoftwareAdvanced Software


アプリケーション

アプリケーション

応用範囲の広い高圧DSC:

  • 蒸気圧と蒸発熱の解析 (ASTM E1782)
  • 蒸発と重なった反応の分離
  • 金属化合物等への吸着や分離の測定
  • 油脂や潤滑剤の酸化安定性(ASTM E1858, ASTM D6186, ASTM E2009, ASTM D5483)
  • フェノール樹脂等の熱硬化性樹脂の硬化挙動
  • ゴムの加硫
  • 未飽和脂肪酸の水和

常圧下でのDSC測定も、通常のDSCと変わらない精度で行うことができます。


アクセサリ

アクセサリ

DSC 204 HP Phoenix® には、ガス静止用電子圧力制御装置と、付加的にガスフロー下で作動する電子フロー制御装置が装備できます。圧力と流量のデジタル表示は、

コンピューターと独立した制御を保証します。各種のガスに対応したアダプター付き減圧器とフィティングが可能です。

真空ポンプは、圧力セルを真空排気して特定ガスを再充填し、純粋雰囲気を得る目的と、真空中での測定のために使用します。

CC 200 L は、氷点下での測定のための液体窒素制御冷却用に使用します。
開放型アルミ試料容器、あるいは、穴開きフタ付き試料容器は、ほとんどの測定で使用されます。本装置には、高圧DSC専用の温度・エンタルピーキャリブレーションキットが付属しています。


文献

文献

カタログ

カタログ

製品カタログ: 示差走査熱量測定; Methods, Technique, Applications, 8 pages (英語)

カタログ

アプリケーションデータ

アプリケーションデータ
アプリケーションデータ
アプリケーションデータ

ポスター

他の関連製品を見る:

DSC 204 F1 Phoenix®

超高感度で高分解能は、このプレミアム示差走査熱量計 (DSC)で実現できます。 さらに、オートサンプルチェンジャー (ASC)の装備、温度モジュレーション機能 (TM-DSC)の装備、 ベースライン最適化 (BeFlat®)、熱抵抗と時定数の補正 (DSC-correction)、 QMS やFTIRとの接続、 UV照射機能付加(フォトカロリメーター)までもが可能です。

DSC 214 Polyma – 示差走査熱量計

DSC 214 Polyma は、日常の測定において、ハードウエアー、ソフトウエアー共に強力なソリューションを提供します。絶対的な信頼性に加えて、操作が簡単なので、ポリマー材料の研究、開発、品質管理や欠陥分析の理想的なツールといえます。

DSC 3500 Sirius

DSC 3500 Sirius は、高い検出感度とコンパクトで堅牢、使いやすさを融合させ、食品、化粧品、ポリマー、テクニカル織物や有機、無機材料の分野での品質保証や欠陥分析に最適の条件を提供します。