DSC 214 Polyma

ポリマーの効率的特性解析システム

ポリマーの効率的特性解析システム

操作が簡単、頑丈、高精度、日常の測定に最適化―これらが革新的DSC 214 Polymaの特長です。この分析装置のユニークなデザインには、ユーザーが初心者か熟練したプロであるかに関わらず、最良のDSC解析に必要なもの全てが含まれています。とりわけ、AutoEvaluation(自動評価)とIdentify(同定)の二つの新開発ソフトウエアーは、新しい標準となるものです。これらは、DSC解析に革命をもたらすといえます。

ポリマー特性解析用の包括的360°製品パッケージ

  • 従来にはない容易な試料準備
  • 自動化された測定と評価

世界初! 急速冷却が可能な熱流束DSC

DSC 214 Polymaには、熱慣性が極めて低い楕円形加熱炉(Arena®加熱炉)が内蔵されており、従来の熱流束DSCでは成し遂げられなかった500 K/minまでの加熱、冷却速度が可能です。これまでよく使われてきた10 K/minや 20 K/minの冷却速度よりも、はるかに実際の製造条件に近い温度プロファイルを実現することができます。

パイオニア的センサー技術

新規特許出願中のCorona®センサーは、ニッケルクロムコアとコンスタンタン外部リングで構成されています。両方の材料は拡散溶接されています。これによって、試料容器直下の温度分布はリング状に一定となり、この部分をDSCシグナルとして記録します。これも特許出願中のConcavus® 試料パンと組み合わせると、極めて高い再現性を生み出します。

頑丈で極めて低い熱慣性の加熱炉(Arena®)、高感度センサー(Corona®) と最適化された試料パン(Concavus®)の組み合わせで、DSC 214 Polymaのデータは際立ったものとなります。

等温結晶化テストも可能な急速加熱、冷却速度に伴う能力は、インジウムの融解ピークの高さと幅の比率で得られるインジウム応答比(Indium Response Ratio)で表わされます。

Ideal Combination of Furnace, Sensor and CrucibleIdeal Combination of Furnace, Sensor and Crucible

インジウム応答比が高い値であることは、ピークの高さが大きい(高感度)であることだけではなく、幅も狭いことを示しています。これにより、微弱な反応を検出できると同時に、連続して起こるピークの信頼できる分離も可能にします。

DSC 214 Polymaは、100 mW/Kを超えるインジウム応答比を誇り、これは平均値をはるかに超える値と言うだけでなく、実際上、これまでDSC装置に関して記述された最高値であると言えます。


技術仕様

(変更する場合があります)

  • 温度範囲:
    -170℃~600℃
  • ガス制御:
    3ガス切換え標準装備
    3ガス用マスフローコントローラー(MFC)はオプション
  • 分解能(技術):
    0.1 μW エンタルピー
  • 測定再現性:
    0.05%
  • 比熱容量解析:オプション
    温度モジュレーション:オプション
  • 雰囲気ガス:
    不活性、酸化性、ガス静止、ガスフロー
  • 冷却装置オプション:
    • エアーコンプレッサー冷却 (室温~ 600℃)
    • IC40 (-40℃ ~ 600℃) 
    • IC70 (-70℃ ~ 600℃) 液体窒素
    • (LN2) 自動制御(-170℃ ~ 600℃)
  • インジウム応答比:
    100 mW/K以上
    (ポリマーの分析で通常使われる測定条件)
  • 加熱/冷却速度:
    0.001 K/min to 500 K/min
    (最高速度は温度による)
     

ソフトウェア

ユーザーに自由な時間をもたらすProteus® 7.0: ソフトウエアー

測定プログラムの設定入力を簡素化(SmartMode)、ボタンを押すだけの自動曲線評価(AutoEvaluation)そして、未知のポリマー曲線を同定するプログラム(Identify) は、ユーザーに自由な時間をもたらす、このソフトウエアーの鍵です。経験の少ないユーザーにも、迅速、安全に有用な結果をもたらすことができます。

DSC専門家には、ExpertModeを使って、いつでもProteus®ソフトウエアー機能の全範囲にアクセスすることができます。AutoEvaluationによって得られた結果は、経験豊富なユーザーが評価プロセスの完全制御を維持できるよう手動で後処理可能で、新たに計算することができます。

DSC 214 Polyma 用にあつらえられたProteus® ソフトウエアーバージョン7は、Windows XP、Windows 7あるいはWindows 8.1上で動作します。このソフトウエアーは、分析装置と共にライセンスされていますが、もちろん、他のPCにインストールすることも可能です。

 

 

AutoEvaluation

AutoEvaluationは、熱可塑性ポリマー、ゴムや樹脂の未知測定曲線を自動的あるいはボタンを押すだけで評価する全く新しく開発されたソフトウエアーです。AutoEvaluationは、論理ステップで、最初にガラス転移や融解ピークの様な主要反応を認識し、次に再結晶化の様な副次反応を適切に解析し、DSC曲線を解析します。ユーザーは、初めて、知的ソフトウエアーアルゴリズム形式で専門家の応用知識にアクセスしています。

Identify

Identify(同定)は、一回のクリックで自動的に曲線の同定と解釈を行うユニークなツールです。ソフトウエアーのこの部分は、材料の同定と品質保証のためにデザインされています。解析されている当該材料のDSC測定曲線の特性は、内蔵データベースと比較され、プラスチックの種類を同定できます。このようなデータベースとの比較は、DSC技術の分野ではユニークなものです。Identifyのデータベースには、代表的ポリマー用のNETZSCHライブラリーが含まれており、ユーザー独自のポリマーや混合物を加えて拡張することも可能です。ユーザーが特定した品質基準を、カテゴリーを限定するために付加的に使うことができます。初めて、客観的に個々のバッチを相互に比較できるようになりました。これは特に、品質保証や欠陥分析の分野では有用な能力です。

SmartMode

DSC 214 Polyma と共に、新しいSmartModeソフトウエアーインターフェースが生まれました。
それは、簡潔な構造、統一されたナビゲーション、ユーザーフレンドリーなことを特長としています。経験の少ないユーザーでも、直観的なインターフェースにより、迅速に正しい手順を見つけることができます。
ウイザードメニューアイテムで、事前に限定された共通測定方法のセットが提示されます;いくつかの入力が必要なだけで、ボタンを押すと直接、測定に入ります。それぞれを結合させることも可能です。事前限定の測定方法には、NETZSCH “Thermal Properties of Polymers(ポリマーの熱特性)”ポスターに記載されている全ての材料に対応する測定方法が含まれており、即座に測定を開始することができます。User Methodsメニューアイテムには、既に測定実行済みの方法を保存できますので、これらの測定パラメーターを次の測定のテンプレートとして使うことができますので、新たに設定入力する必要はありません。

AutoCalibration

DSC分析装置のキャリブレーションは、正しいDSC測定の前提条件となるものです。それは、装置が常に事前設定されたパラメーター内で測定していることを確かにするものです。しかしながら、キャリブレーションプロセスそのものは、簡略、迅速で、理想的には正しい手順に従い実行すべきものです。解決法は、このAutoCalibrationにあります。この特別なソフトウエアーの特徴は、共通標準物質に対する事前設定されたキャリブレーション方法を提示することから始まり、次にキャリブレーション測定を開始するだけでなく、完全自動で融解ピークを解析し、キャリブレーションカーブを計算し、その有効性までチェックします。従って、AutoCalibrationは、非常に時間のかかるルーチン作業を簡略化します。

本製品には、次のソフトウエアーが使用できます:

Proteus® SoftwareAdvanced Software


アクセサリー

DSC 214 Polymaには、ユーザーの要求に合わせ、システムを最適化するために、様々なアクセサリーや拡張機能を装備することができます。

室温に戻すための圧縮空気冷却や-170°Cまで冷却する液体窒素冷却のような色々な冷却装置を使用することができます。経済的なイントラクーラーは、液体窒素冷却の代わりにー40~600°C(IC40)またはー70~600°C(IC70)の温度範囲での測定を可能にします。

酸化安定性試験(OIT)には、3ガス用ソフトウエアー制御マスフローコントローラー(MFC)を推奨します。

ほとんど、あらゆる応用や材料の測定に対応可能な幅広い試料容器アルミニウム、銅、銀、白金、加圧測定用ステンレス容器等)を用意しています。全ての冷間接合可能なアルミニウムるつぼ/試料パンや加圧ステンレス容器には、シールプレス用交換可能ツールキットを用意しています。

3in1ボックスは、新製品Concavus®パンと共にNETZSCHのオリジナルです。これを使えば、試料容器を移動、保管するさいに環境からしっかりと保護でき、しかも取り出し、整理が簡単です。

ルーチン測定用に、異なるタイプのるつぼ/試料パンでも、20試料・参照試料まで収納できる自動サンプルチェンジャー(ASC)を装備することが可能です。

お使いのデバイスは、この表を表示するのに小さすぎます。
DSC 214 Polyma 用アルミニウム製標準るつぼ(試料パン)

(純度)
温度範囲構成寸法/
容量
備考注文番号
Al (99.5)最高 600°CConcavus® パン + 上蓋ø 5 mm, 30/40 μl96組のConcavus® パンと上蓋セット、3in1ボックス含む、冷間接合可能**DSC21400A66.010-00
Al (99.5)最高 600°CConcavus® パン

ø 5 mm, 30/40 μl96組のConcavus® パンと上蓋セット、3in1ボックス含むNGB814672
Al (99.5)最高600°CConcavus® パン

96個のConcavus® 上蓋セットNGB814673
Al (99.5)最高 600°C試料容器+上蓋ø 6 mm; 25/40 μl*100個セット、冷間接合可能**6.239.2-64.5.00
Al (99.5)最高600°C試料容器+上蓋ø 6 mm; 25/40 μl*500個セット、冷間接合可能**6.239.2-64.51.00
Al (99.5)最高 600°C試料容器+上蓋 ザー加工穴(50 μm)付き上蓋ø 6 mm; 40 μl100個セット、冷間接合可能**6.239.2-64.8.00
Al (99.5)最高 600°C試料容器+レーザー加工穴(50 μm)付き上蓋ø 6 mm; 40 μl500個セット、冷間接合可能**6.239.2-64.81.00
Al (99.5)最高 600°C試料容器ø 6.7mm; 85 μl100個セットNGB810405
Al (99.5)最高600°C上蓋100 個、NGB810405用 NGB810406

*  25 μlあるいは40 μlのるつぼ(試料パン)容量は、上蓋を載せる方向で変更可能です。
** 一台の同じシールプレスで、全ての標準アルミニウム試料容器のシールが可能です。注文番号No.6.240.10-80.0.00A.

 

 

Downloads

アプリケーションデータ

アプリケーションデータ
アプリケーションデータ

Die Eigenschaften von Polymeren beeinflussen sowohl ihre Verarbeitbarkeit als auch die Qualität der Endprodukte – dies umso mehr, je häufiger Recycling-Kunststoffe auch für Funktionsbauteile eingesetzt werden. Als Qualitätskennwert dient oft der Schmelzflussindex (MFI). Dessen Aussagekraft reicht jedoch nicht immer aus. Eine schnelle, leistungsfähige Alternative ist die Dynamische-Differenzkalorimetrie (DSC).

アプリケーションデータ
アプリケーションデータ

ホワイトペーパー

アクセサリーカタログ

アクセサリーカタログ

Accessories for Differential Scanning Calorimeters and Thermobalances

カタログ

カタログ

応用例資料: "Thermoplastics, Thermoplastic Elastomers, Elastomers and Thermosets", 36 pages (英語)

カタログ

製品カタログ: 示差走査熱量測定; Methods, Technique, Applications, 24 pages (英語)

ポスター

ポスター

ウェブキャスト

NETZSCH Webinar-Quality improvements in plastic parts through powerful thermo-analytical methods
NETZSCHWebinar-Characterization of Food
NETZSCH Webinar Composites 2015 EN
DSC Analysis of Polymers for Experienced Users
NETZSCH Webinar Understand the Properties of Polymer Compounds by Thermal Analysis
NETZSCH Webinar Fast and Precise Results for Polymer Characterization
Webinar Efficient Polymer Characterization
NETZSCH Webinar Filled Adhesives
NETZSCH Webinar Adept Adhesion
NETZSCH-WebinarKey Thermal Analysis Techniques for Battery Material Development and Testing
NETZSCH-Webinar DSC Analysis of Polymers Basics Applications
NETZSCH-WebinarThermal Analysis Methods Perfect for the Characterization of Wood-Plastic Composites
NETZSCH-Webinar Thermal Analysis Goes Green Applications in the Field of Renewable Energies
NETZSCH-Webinar Zlepov
NETZSCH-Webinar Quality assurance in polymer recycling How do I maintain a stable product composition of a recyclate compoun
NETZSCH-Webinar - Failure analysis of injection moulded parts
NETZSCH-Webinar - Polymer Analysis made simple How state-of-the-art software Proteus helps you in your daily work

他の関連製品を見る:

DSC 204 F1 Phoenix®

超高感度で高分解能は、このプレミアム示差走査熱量計 (DSC)で実現できます。 さらに、オートサンプルチェンジャー (ASC)の装備、温度モジュレーション機能 (TM-DSC)の装備、 ベースライン最適化 (BeFlat®)、熱抵抗と時定数の補正 (DSC-correction)、 QMS やFTIRとの接続、 UV照射機能付加(フォトカロリメーター)までもが可能です。

DSC 204 HP Phoenix® – 高圧DSC

制御されたガス圧力下でのDSC 測定は、化学反応、気化プロセス (ASTM E1782)、吸着や放出、時効解析 (ASTM E1858, ASTM D6186, ASTM E2009, ASTM D5483)の分析に、さらなる可能性を広げます。 DSC 204 HP Phoenix® 示差走査熱量計は、これらの研究に理想的な性能を有しています。

Photo-DSC 204 F1 Phoenix®

示差フォトカロリメーター Photo-DSC 204 F1 Phoenix® は、マーケットが求める、光硬化樹脂、接着剤、塗料、コーティング剤や歯科材料の分析にお応えするものです。 さらに、応用範囲は、光の効果による食品、機能油脂や潤滑剤の保管寿命の解析にまで広がります。