DSC 3500 Sirius

DSC 3500 Sirius

示差走査熱量計

材料特性解析用の経済性の高いスタート分析装置

DSC 3500 Sirius は、-170°C~600°Cの温度範囲で、高い感度をもつ最先端の技術を、堅牢で操作が容易な測定システムに融合させました。DSC 3500 Sirius 測定セルの最大の特徴は、長寿命ヒーターエレメントを装備したシルバー加熱炉と高い安定性と最適の分解能を備えるモノリシックDSCセンサーに有ります。

測定サンプルが多い場合は、自動サンプルチェンジャー(ASC)を装備することをお薦めします。試料容器の種類が違うタイプの場合でも、最大20試料、参照まで処理することが可能です。

日本で開発されたDSC 3500 Sirius のデザインは、テクニカル織物、食品パッケージ、ポリマー、化粧品工業や有機、無機材料の材料特性解析、品質管理や欠陥分析に最適です。

熱流束型DSCの機能原理

情報請求データシート製品カタログアクセサリーカタログ


技術仕様

技術仕様

(変更する場合があります)

  • 温度範囲:
    -170°C~600°C
  • 加熱速度:
    0,001 K/min~100 K/min
  • 冷却速度:
    0,001 K/min~100 K/min (温度範囲による)
  • センサー:
    熱流束システム
  • 測定範囲:
    ±650 mW
  • 温度精度:
    0,1 K
  • エンタルピー精度:
    2%以下
  • 雰囲気:
    酸化性、不活性(ガス静止、ガスフロー)
  • 最大20試料、参照用自動サンプルチェンジャー (ASC)(オプション)

ソフトウェア

ソフトウェア

DSC 3500 Siriusは、Windows®上の Proteus® ソフトウエアーによって操作されます。 Proteus® ソフトウエアーには、測定の実行や測定データの解析に必要なものがすべて含まれています。解りやすいメニューと自動化ルーチンを組み合わせ、極めてユーザーフレンドリーで、且つ洗練された分析を可能にします。Proteus® ソフトウエアーは、分析装置と共にライセンスされていますが、もちろん、他のPCにインストールすることも可能です。

DSC用ソフトウエアーの特徴:

  • 開始温度、ピーク温度、曲折点、終了温度の決定
  • 自動ピークサーチ
  • 相転移エンタルピー: 選択したベースラインでピークエリアを解析、部分ピークエリアの解析も可能
  • 結晶化の評価
  • 総合的ガラス転移解析
  • 自動ベースライン補正
  • 比熱(Cp)解析
  • tau-R® Mode: 装置の時定数及び熱抵抗を考慮して試料からのDSC効果をよりシャープにすることが可能(オプション)
  • 可逆反応(熱力学的)と不可逆反応(熱動力学的)の分離のためのオプションの TM-DSC (温度モジュレーション)

本製品には、次のソフトウエアーが使用できます:

Proteus® Software, Advanced Software


アクセサリ

アクセサリ

DSC 3500 Sirius には、ユーザーの色々なご要求に合わせてシステムを最適な状態にするため、色々なアクセサリーや拡張機能を装備することが可能です。加熱炉を室温まで冷却するためには、色々な冷却システム(コンプレッサーや加圧空気を使った強制空気冷却)が使用できます。

液体窒素冷却では、-170°C~600°Cの低温テストが可能になります。経済的なイントラクーラーIC40は、液体窒素冷却に替わり-40°C~600°Cの測定を可能にします。

より強力なイントラクーラー IC70は、より速い冷却速度と-70°C~600°Cの温度範囲の測定を可能にします。 全ての冷却オプションが、DSC 3500 Siriusに装備可能です。

酸化安定性(例えば、酸化性導入時間、OIT)の解析には、DSC 3500 Siriusに、3ガス用ソフトウエアー制御MFCマスフローコントロールシステムを装備することができます。

* 試料容器の容量 25 μlと 40 μlの選択は、上蓋の向きを逆にすることで可能になります。
** 一つの同一のシールプレスで全ての標準Al試料容器をシールすることが可能です;注文番号No. 6.240.10-80.0.00A.
*** シールツール、注文番号No.6.239.2-92.4が必要です。

ご要求に応じて、他の試料容器及びセット当たりの個数が可能です。

お使いのデバイスは、この表を表示するのに小さすぎます。
Standard Crucibles Made of Aluminum for the DSC 3500 Sirius
Material
Temperature
Range (Max.)
Consisting ofDimension/
Volume
RemarksOrder Number
Al600°CCrucible + lidø 6 mm/
25/40 μl*
Set of 100/500 pcs,
cold weldable**

6.239.2-64.5.00/
6.239.2-64.51.00

Al600°CCrucible + lid
with laser-cut hole
(50 μm)
ø 6 mm/
40 μl
Set of 100/500 pcs,
cold weldable**
6.239.2-64.8.00/
6.239.2-64.81.00
お使いのデバイスは、この表を表示するのに小さすぎます。

Crucibles for General and Special Applications – DSC 3500 Sirius
Material

Temperature
Range (Max.)
Consisting ofDimension/
Volume/Pressure
RemarksOrder Number
Al600°CConcavus®
pan + lid
ø 5mm/
30/40 μl
Set of 96 Concavus® pans and lids incl. 3in1 Box,
cold weldable*
DSC21400A66.010-00
Cu600°CCrucibleø 6 mm/
25/40 μl
For OIT measurements according to
ASTM D3895,
Set of 25
6.239.2.-64.6.00
CrNi steel250°CCrucible + lid + elastomer seal120 μl/
20 bar
Set of 25 pieces6.240.1-68.1.00
CrNi steel500°CCrucible + lid, gold-plated surface, reusableø 6mm/
27 μl/
max. 100 bar
10 crucibles + 50 Au sealing disks***6.239.2-92.31.00
CrNi steel500°CCrucible + lid, gold-plated surface, reusableø 6mm/
100 μl/
max. 100 bar
1 crucible + 5 Au sealing disks***6.239.2-92.8.00
Titanium500°CCrucible + lid, reusableø 6 mm/
27 μl/
max. 100 bar
1 crucible + 5 Au sealing disks***6.239.2-92.6.00
Titanium500°CCrucible + lid, reusableø 6 mm/
100 μl/
max. 100 bar
1 crucible + 5 Au sealing disks***6.239.2-92.9.00
Al2O31700°CCrucibleø 6.8 mm/
85 μl
GB399972
Al2O31700°CLid
For GB399972GB399973
Pt/Rh1700°CCrucibleø 6.8 mm/
85 μl
GB399205
Pt/Rh1700°CCrucibleø 6.8 mm/
190 μl
NGB801556
Pt/Rh1700°CLidFor GB399205 and NGB801556GB399860
文献

文献

カタログ

カタログ

応用例資料: "Research and Development - Substances, Components, Quality Control and Process, Extrusion, Injection Molding, Coating, Quality Assurance - Finished Goods, Material Properties and Main Measuring Methods", 8 pages (英語)

カタログ

Product brochure: Differential Scanning Calorimetry; Methods, Technique, Applications, 12 pages

ポスター

他の関連製品を見る:

DSC 204 F1 Phoenix®

超高感度で高分解能は、このプレミアム示差走査熱量計 (DSC)で実現できます。 さらに、オートサンプルチェンジャー (ASC)の装備、温度モジュレーション機能 (TM-DSC)の装備、 ベースライン最適化 (BeFlat®)、熱抵抗と時定数の補正 (DSC-correction)、 QMS やFTIRとの接続、 UV照射機能付加(フォトカロリメーター)までもが可能です。

DSC 204 HP Phoenix® – 高圧DSC

制御されたガス圧力下でのDSC 測定は、化学反応、気化プロセス (ASTM E1782)、吸着や放出、時効解析 (ASTM E1858, ASTM D6186, ASTM E2009, ASTM D5483)の分析に、さらなる可能性を広げます。 DSC 204 HP Phoenix® 示差走査熱量計は、これらの研究に理想的な性能を有しています。

TG 209 F3 Tarsus®

この簡単操作の熱重量測定装置は、プラスチックスや化学工業のルーチン測定用に開発されました。測定範囲は、室温~ 1000°Cで、最初の装置に適しています。c-DTA® 機能も付加できますので、発熱、吸熱反応の検出も可能です。

DSC 214 Polyma – 示差走査熱量計

DSC 214 Polyma は、日常の測定において、ハードウエアー、ソフトウエアー共に強力なソリューションを提供します。絶対的な信頼性に加えて、操作が簡単なので、ポリマー材料の研究、開発、品質管理や欠陥分析の理想的なツールといえます。