DSC 404 F3 Pegasus® – 高温 DSC

DSC 404 F3 Pegasus® – 高温 DSC

魅力的な適応性の高い熱分析装置

高温示差走査熱量計DSC 404 F3 Pegasus®は、経済的なNETZSCH F3-製品シリーズの一つで、特に、材料特性の比較測定や品質管理の要求にお応えできるよう設計されています。

高温示差走査熱量計DSC 404 F3 Pegasus®は、ユーザーが簡単に交換可能な様々なDTA、DSCセンサーや、加熱炉により、-150℃から2000℃の測定が可能です。 (アクセサリーの頁を参照)

試料室は、試料からの発生ガスを排除するために、不活性ガスや酸化性ガスでパージすることができます。

測定システムは、真空密閉構造になっています(10-4 mbar)。


技術仕様

技術仕様

(変更する場合があります)

  • 温度範囲:
    -150°C ~ 2000°C
  • 加熱速度: (加熱炉による)
    0.001 K/min ~ 50 K/min
  • DSC及びDTA測定センサー
  • 熱電対タイプ:
    S, E, K, B, W/Re, S保護, P
  • 雰囲気: 不活性、酸化性、ガス静止、ガスフロー
  • ユニークなOTS® システムの拡張
    (オプション)
お使いのデバイスは、この表を表示するのに小さすぎます。
タイプ温度範囲冷却システム
シルバー炉-120°C ~ 675°C液体窒素
スチール炉 -150°C ~ 1000°C液体窒素
白金炉室温 ~ 1500°C空冷
SiC炉 室温 ~ 1600°C空冷
ロジウム炉 室温 ~ 1650°C空冷
グラファイト炉 室温 ~ 2000°C水冷又はチラー循環水

ソフトウェア

ソフトウェア

Proteus® ソフトウエアには、測定の実行や測定データの解析に必要なものがすべて含まれています。解わかりやすいメニューと自動化ルーチンの組み合わせによって造つくられたツールは、極めてユーザーフレンドリーで、同時に洗練された分析を可能にします。Proteus® ソフトウエアは、分析装置と共にライセンス化されていますが、もちろん、他のPCにインストールすることも可能です。

DSC 用ソフトウエアの特徴:

  • 開始温度、ピーク温度、曲折点、終了温度の決定
  • 自動ピークサーチ
  • 相転移エンタルピー: 選択したベースラインでピークエリア(エンタルピー)及び部分 ピークエリアを解析
    全ての特性温度、ピーク面積、ピーク高さ及びハーフ幅を含む複合ピーク解析
  • 総合的ガラス転移解析
  • 自動ベースライン補正(DSC、DTA)
  • 結晶化度の評価
  • Tau-R® Mode: 装置の時定数及び熱抵抗を考慮して試料からのDSC効果をよりシャープにすることが可能(オプション)
  • OIT (酸化誘導時間)評価
  • 比熱(Cp)解析(オプション)
  • 動ベースライン補正用 BeFlat®  (オプション)
  • DSC 補正: システムの時定数及び熱抵抗値を考慮して、発熱・吸熱反応を評価 (オプション)

本製品には、次のソフトウエアが使用できます

Proteus® SoftwareAdvanced Software


アクセサリ

アクセサリ

3つの電磁バルブにより再現性のよいガスフローが可能です。オプションで、マスフ ローコントローラーも装備することができます。ほとんど全ての材料や応用測定に対応できる、幅広い種類の試料容器 (アルミニウム、白金、アルミナ等) が使用可能です。 温度、エンタルピー校正用に、金属やセラミック試料容器用の標準試料セットを用意しています。

測定装置に、二つの加熱炉用のダブルホイスト装置を装備することができます。従って、加熱炉を他の加熱炉と組み合わせ取り付けることができます。オプションで、他の加熱炉の代わりに、オートサンプルチェンジャー (ASC)を使用することも可能です。モジュールの多様性は、大幅な時間節約をもたらし、試料処理量の増加に直接つながり ます。試料近傍の酸素分圧を効果的に減少させるOTS®システムがオプションで可能です。 オートサンプルチェンジャー(ASC)は、ルーチン測定用にデザインされています。昼夜を問わず測 定し、ユーザーに時間的余裕をもたらし、最高の効率でDSC 404 F3 Pegasus® を活用するこ とが可能になります(例えば、週末の校正測定等)。

トレイには、最大20個の試料/参照物質をセットでき、どのような順番でも自動運転が可能です。試料室内のガス雰囲気や冷却も自動制御可能です。もちろん、それぞれの試料は、測定実行後、自動的にマクロ評価することが可能です。わかりやすい入力マスクが、測定シリーズのプログラムを容易にします。進行中の事前にプログラムされた測定シリーズに、いつでも、プログラム外の分析を挿入することも可能で す。

PulseTA®

PulseTA® システムでは、正確に定量されたガスが、熱天秤(TGA)や同時熱分析装置(STA)のパージガス中に射出されます。

このシステムは、測定の可能性を広げます:

  • 限定された/増加する化学反応や試料への射出ガスの吸着
  • 試料から発生したガスの定量
PulseTA®PulseTA®
お使いのデバイスは、この表を表示するのに小さすぎます。
DSC 404 F1/F3 Pegasus®用試料容器
材質
(純度)
温度範囲構成寸法/容量特記事項注文番号
PtRh/Al2O3最高 1700°C容器 + ライナー + 蓋金属融体及び反応性材料用6.225.6-93.2.00
Al2O3 (99.7%)最高 1700°C容器∅6.8mm/85µlGB399972
Al2O3 (99.7%)最高 1700°CGB399972用GB399973
Pt/Rh (80/20)最高 1700°C容器∅6.8mm/85µlGB399205
Pt/Rh (80/20)最高 1700°C容器∅6.8mm/0.19ml高さ 6mmNGB801556
Al (99.5)最高 600°C容器∅6.7mm/85µl100 個セットNGB810405
Al (99.5)最高 600°CNGB810405用NGB810406
Gold (99.9)最高 900°C容器 + 蓋∅6.7mm/85µl 6.225.6-93.3.00
ZrO2最高 2000°C容器85µl CaO 安定化GB397053
ZrO2最高 2000°CGB397053用GB397052

* 注記:同一のシーリングプレスを全てのAl容器+蓋に使用することができます。

   注文番号6.240.10-80.0.00A

文献

文献

カタログ

カタログ

アプリケーションデータ

アプリケーションデータ
アプリケーションデータ
アプリケーションデータ
アプリケーションデータ
アプリケーションデータ

ポスター

アクセサリーカタログ

アクセサリーカタログ

他の関連製品を見る:

DSC 404 F1 Pegasus® – 高温 DSC

新しい高温示差走査熱量計 DSC 404 F1 Pegasus®は、広い温度範囲で、信頼性の高い、最高の分解能と精度で 比熱や熱量分析が可能です。 高真空タイト構造の多種の加熱炉やセンサーは、簡単に交換可能ですので DSC 404 F1 Pegasus®は、大学や各産業分野で、最高レベルのDSC測定を実現します。

STA 449 F3 Jupiter®

新しい STA 449 F3 Jupiter® は、高感度熱天秤と示差走査熱量計を結合させました。多種の加熱炉と TG、TGA-DTA、及び TGA-DSCセンサーが使用できますので、ほとんどの多様な測定に システムを簡単に適合させることができます。