誘電分析 (DEA)

熱硬化性樹脂、複合材、接着剤や塗料の効果挙動の評価には、ASTM E2038 又はE2039に準ずる誘電分析(DEA)が開発されています。 DEA の大きな利点は、研究開発用だけでなく、製造プロセスでも使用できるところにあります。イオン電導率は、誘電損失、あるいはイオン粘性との相互の値より計算されます。NETZSCH は、お客様の測定仕様に合わせ、1チャンネルあるいは複数チャンネル DEA装置を提供します。いずれも、色々なセンサーを用いて、色々な測定範囲、周波数範囲で測定することが可能です。

DEA 288 Epsilon - 誘電分析装置

多機能 DEA 288 Epsilon (加熱炉またはラボプレスを含む)は、加熱、冷却, 湿度雰囲気や紫外線照射等の色々なテスト条件下での広範囲の応用が可能です。材料製造工程における、最適の運転条件を容易かつ簡便に決定することができます。