DEA 288 Ionic - 誘電分析装置

DEA 288 Ionic - 誘電分析装置

硬化モニターの新世界を開く

カストマイズされたテスト条件

DEA 288 Ionicの多機能デザインは、加熱、冷却やUV照射のような豊富な異なるテスト条件の適用を可能にします。これで、ユーザーは、材料製造工程の最適パラメーターを容易且つ簡便に決定することができます。 標準の誘電分析装置には、DEAエレクトロニクスとセンサーが含まれています。使い捨てセンサー類は、アダプターボックスを介して接続されます。4モデルのDEA288が供給可能です: 標準ラボバージョンと小さな設置面積のスリムバージョン及び2つの工業バージョンがあります。 全ての装置には、同じ最新鋭のエレクトロニクスが装備され、ラボ加熱炉やラボプレスのような追加の付属機器を制御することが可能です。装置間の技術的な相違点は、筐体デザイン、設置面積及び 最大チャンネル数です。


ラインナップ

ラインナップ

技術仕様

技術仕様

(変更する場合があります)

  • 周波数範囲
    1mHz ~ 1MHz、周波数値は自由に選択可能
  • マルチDEAモジュールデータアクイジション
    全てのチャンネルの同時操作
  • 最小データアクイジション時間
    5ms以下
  • センサー接続
    シールド4線技術(精密測定のための前提条件として抵抗と容量を補償)
  • DEAモジュール
    • ポータブルバージョン:汎用バージョン、最大7チャンネル
    • 工業用ラックバージョン:最大8チャンネル(16チャンネルまで拡張可能)
  • I/Oポート
    • 測定信号及び圧力や温度センサー等の周辺機器からの信号の入出力。
      DEAは、製造装置によるトリガーが可能です。
ソフトウェア

ソフトウェア

広い範囲で信頼性の高い測定ソフトウエアーは、最新の使いやすい操作インターフェースを提供いたします。Proteus® ソフトウエアーは、すべての関係測定パラメーターのプログラムを迅速かつ簡便に入力することを可能にします。色分けされたタブ操作は、データ入力を容易にし、試料情報、温度/時間プログラムや指定周波数に関係する重要パラメーターの入力忘れが無いよう保証いたします。測定中のプログラム変更機能(周波数や測定時間)は、測定中のオンライン評価 (SNAPSHOT)同様、非常に有用な機能です。高い評価を得ている Proteus® ソフトウエアーは、広範囲の分析を確かなものにします。

You can use the following software with this product:

Proteus® Software, Advanced Software

このソフトウエアーは、次の特長を持っています。:

  • DEA 変数: イオン粘度、イオン電導率、誘電損失、誘電率、時間/温度の関数としての tanδ
  • マルチ-ウインドウ技術— マルチウインドウでの測定データの表示や評価、グラフィック抜粋
  • マルチ測定プロット — 結合評価や表示、例えば、詳細な材料特性評価をするために、 DEA、 DSC や DMA 曲線を一つのグラフに結合表示することも可能です。
  • ピーク温度、外挿開始温度や終了温度等の特性値を単一曲線や複数曲線で評価、決定することができます。
  • 64曲線までの比較分析、同一または他の測定の複数セグメントの比較分析
  • 分析の復元と継続のための分析結果と状態の保存
  • 生データの保存 — オリジナル測定データはいつでも呼び出せます。
  • 調整可能なフィルターファクターで測定曲線のスムージング
  • データ (ANSI, ASCII, csv) 及びグラフィック (JPEG, BMP, EMF, PNG, TIFF)のエクスポート
アクセサリ

アクセサリ

試料処理の実際的なセットアップ

DEAの大きな利点の一つは、実際の製造工程で使われている試料量や試料形状と同じ試料を使えることにあります。
広範囲、多種多様のセンサーを使って、どのような実際の応用測定も再現することができます:

  • 噴霧コーティング薄膜
  • ドローダウンバーによる塗膜
  • 低粘度または中粘度材料の塗布膜
  • プリプレグ層間へのセンサーの設置
  • 液体中へのセンサーの浸液

多種多様の測定に対応できる高感度多目的センサー

多様なポリマー製造工程の応用に対応できるよう、 NETZSCH は、多種多様の誘電センサーを提供致します。これらのセンサーは、インプラント型と再使用型に分類できます。

再使用型は持続的に装着したままで使用可能です。例えば、プレスや金型、あるいは、DMAやレオメーターの試料ホルダーにも装着可能です。

多機能ラボ加熱炉

簡単操作の収納式ラボ加熱炉は、二つのIDEX (または MS) センサー,あるいは、一つのTMS™ (または Monotrode)センサーを使って、-150°C ~ 400°C の温度範囲で、加熱、等温、 冷却ステップを実行することができます。

冷却ステップは、空気コンプレッサー、ヴォルテックチューブ(空気冷却)、イントラクーラーや液体窒素 (LN2)で実行します。

紫外線ランプ

DEA 288 Epsilon は、紫外線硬化接着剤、インクや塗料等の光誘起反応を解析するため、 OmniCure S2000 UV ランプをサポートします。 紫外線照射時間と強度は、ソフトウエアーにより制御されます (NETZSCH Proteus® による)。 複数照射は、それぞれのセグメントで照射可能です。

空圧ベンチトップ型ラボプレス

シートモールド化合物 (SMCs)やバルクモールド化合物 (BMCs) 、プリプレグは、熱と圧力を同時に試料に加えることができるラボプレスを使うことによって、模擬製造条件下での測定が可能になります。 試料は、DEAセンサーを装着した圧縮板間に直接設置します。あるいは、オプションで、Monotrode または TMS™センサーを装着した分割スプリングモールド に設置します。 プレスの温度プログラムは、 NETZSCH Proteus® ソフトウエアーで制御可能です。

文献

文献

アプリケーションデータ

カタログ

カタログ

応用例資料: "Material Characterization, Phase Changes, Thermal Conductivity", 24 pages (英語)

カタログ
カタログ

プレスリリース

プレスリリース

The modular concept of the new Dielectric Analyzer DEA 288 Epsilon by NETZSCH Analyzing & Testing allows for the study of the curing behavior of thermosetting resins and composites.

ホワイトペーパー

ホワイトペーパー

熱硬化性樹脂の硬化過程中には様々な疑問に直面します。何度で、或いはどれだけの時間が経過すれば樹脂は硬化を始める?反応性はどれほど? いつ硬化は完了する? このホワイトペーパーでは、誘電分析(DEA)による硬化モニターで、これらの疑問に焦点を当てます。(英語)

ホワイトペーパー

紫外線(UV) 硬化技術は、塗料、インク、被覆材、密閉剤、接着剤や歯科複合材の分野で、その応用が増加しています。このホワイトペーパーでは、誘電分析(DEA)を使って、硬化プロセスに関する様々な疑問に、どう対応できるかを示します。(英語)