クリープコンプライアンス (J)

クリープコンプライアンス(J)とは、せん断ひずみをせん断応力で除したもので、物質に静的応力荷重を加えたときに示される瞬間的な連続曲げ変形が時間に応じてどのように変化するかを表す指標です。 単位は Pa-1を使います。 

数学的には複素せん断弾性率の逆数で、印加された応力をもとに正規化されたひずみ(変位)と考えることができます。 

Since the actual change in deformation depends on the load applied, it is normally referred to as compliance rather than deformation. Compliance is simply defined as the ratio of deformation to applied stress and is marked with the letter J (J 0 = deformation/load). Due to this, creep curves can even then be compared if they were not measured under the same shear stress applied.