フックの法則

フックの法則は「ばねをある距離だけ伸ばすのに必要な力の大きさは、その距離に対して直線的に変化(比例)する」という物理法則です。 

これを、 

Fs = k⋅x という式であらわすことができます。 

where:
Fs: 力の大きさ [N]
k: ばね定数  [N/mm]
x: ばねの伸び [mm]

 

弾性率との関係 

フックの法則は弾性率 E から導くことができます。E:  

 

 および 

単振動

もっとも単純な構造の機械的振動システムは、棒状のばねに重りを取り付けたもので、荷重と張力だけを対象としています。ばねが静止しているとき、測定系は平衡状態にあります。この平衡状態が崩れると、質量に対して正味の復元力がはたらき、平衡状態に戻ろうとします。 

しかし、質量を平衡に戻すには、その位置を超えて移動する力を得て、逆の新たな復元力を確立する必要があります。たとえば重力などの一定の力が加わると、平衡点が移動します。振動が発生するまでの時間を振動周期と呼びます。 

 


関連技術

DMA