発熱しきい値

発熱しきい値とは試料の自己発熱速度のしきい値(一般的には 0.02 K/min)で、加速反応熱量測定(ARC)試験において発熱現象が検出されるかどうかを確認 

します。発熱しきい値を超えると熱量計の測定モードは H-W-Sから断熱モードに変更されます。 

 


関連技術

ARC