複素弾性率

複素弾性率は、貯蔵弾性率と損失弾性率の2成分で構成されます。動的機械分析 / 動的粘弾性測定 (DMA) のメソッドを用いて試料の粘弾性を測定するとき、貯蔵弾性率 (ヤング率) はせん断弾性を表し、損失弾性率は減衰 (粘弾性) 挙動を表します。複素弾性率は、貯蔵弾性率と、損失弾性率に虚数単位のiを乗じたものの和です。 

複素弾性率には「*」の記号が付与されます。 

E*= E'+iE’’となり、せん断弾性率 Gでは G*= G'+iG''となります。 

貯蔵弾性率と損失弾性率を弾性率 E で表す場合

貯蔵弾性率は次のように定義されます。 

 

損失弾性率は次のように定義されます。 

 

tanδは貯蔵弾性率と損失弾性率の比です。 

 


関連技術

[Translate to Japanese:]

DMA