Heat-Wait-Search (HWS)

Heat-Wait-Search (HWS) は暴走反応熱量計(ARC)で使用する測定モードです。試料を特定の温度に加熱して(Heat)、測定系の熱が安定化するまで待機し(Wait)、試料の自己発熱反応による試料の温度上昇を検出する(Search)という、一連の流れを表します。自己発熱を検知すると ARC の測定モードは HWSから断熱トラッキングモードに変更されます。 

 


関連技術

ARC