線形粘弾性領域(LVER)

(copy 1)

粘弾性特性を測定するときには、試料の応力とひずみが比例している、線形粘弾性領域(LVER)で測定することが重要です。LVER 内でかかっている応力は構造体の破壊(降伏)を引き起こすには十分ではないため、ミクロ構造の重要な特性が測定できます。かかる力が降伏応力を超えると、シグナルが非線形となり、測定値とミクロ構造の相関関係を容易に把握できなくなります。 

LVER を決定する場合は一般的に、応力掃引試験またはひずみ掃引試験をおこない、構造体の破壊が始まる点(降伏点)を観察します(下図参照)。このとき、線形粘弾性領域の限界点は、応力またはひずみに G’ が依存するようになる点となります。