表 1: 様々な材料の熱電導率と熱拡散率

材料熱伝導率 W/(m•K)熱拡散率 mm2/s
アルミニウム23798.8
鉄鋼8122.8
399117
溶融シリカ1.400.87
石膏0.510.47
ポリエチレン0.350.15
大理石2.8

1.35

熱拡散率の定義

熱拡散率(a、単位はmm2/s)は、不安定な熱電導を特性づける材料固有の特性です。この値は、材料がどれほど速く温度変化に反応するかを表わします。

冷却過程を予測、あるいは温度領域をシミュレーションするには、熱拡散率を知ることが必要で、不安定な熱電導のフーリエ微分方程式を解くには必須の値です。
いくつかの選択された材料の熱伝導率と熱拡散率を、表1に示します。

出典: www.chemie.de/lexikon

さらに多くの材料の熱伝導率に関する情報は、“Thermal Properties of Elements(元素の熱特性)"、 "Thermal Properties of Ceramics(セラミックスの熱特性)"や "Thermal Properties of Polymers(ポリマーの熱特性)” ポスターで見つけることができます。

ポスター

材料の製造工程において、その材料の熱物性値を知ることは、非常に重要です。 一目で材料の熱物性値が探せる当社のポスターをご覧ください!
もっと見る


関連リンク:

熱伝導率の定義

特定の試料の最適の分析手法は?