新製品Concavus® 試料パン

Concavus®パンの僅かな凹状底面形状が、試料、パン底面、センサー間に正確な一定接触面積を生み出し、測定結果の再現性を飛躍的に向上させます。特 許出願中のConcavus® パンのデザインは、全てのDSC測定の再現性を向上させます;DSC 3500 Sirius、DSC 204 F1 Phoenix®や市場で販売されている他の熱流束型DSCで使用可能です。

新しい 3in1 ボックス

3in1ボックスは、新製品Concavus®パンと共にNETZSCHのオリジナルです。これを使えば、試料容器を移動、保管するさいに環境からしっかりと保護でき、しかも取り出し、整理が簡単です。

これまでは、熱分析測定の試料容器の準備は、どちらかといえば扱いにくいものでした。試料パンと上蓋は、プラスチック容器にバルク状態で収納することだけが可能でした。プラスチックで収納されたアルミニウム試料パンは、静電気を帯び、お互いがくっつき合うことが有り、分離することが困難な場合も有ります。このような静電気は、試料パンの汚染につながる環境をつくりだす可能性もあります。さらに、収納フタを不注意に閉めた場合、試料るつぼと上蓋を変形させてしまい、使用不能にしてしまうことも有ります。

試料容器収納の新しい試みは、試料準備に、より効果的なプロセスを提供します。 新しい3in 1ボックスは、帯電防止プラスチックボックスに、96個の試料パンあるいは上蓋を、きちんと分別して収納します。このプリソートされた配列と収納容器の帯電防止材料によって、個々の試料パンと上蓋を、容易にボックスから取り出すことが可能です。これにより、汚染や変形の危険性を回避する助けにもなります。さらに、ボックス内に、“試料IDカード” が入っており、試料や測定結果のレポート作成に利用することもできます。このコンパクトな3in 1ボックスは、取り扱いが容易で、運搬や記録保存にも便利な、試料パンと上蓋の収納ユニットです。